副業の営業は土日でも出来るの?

働き方改革の影響もあり、「副業」が注目されています。
しかしいざ副業をするとなっても、実際にどのようにしたらいいでしょうか?
基本的には自分の得意な事やスキルを活かした副業がオススメです。
今回は、営業マンが土日で出来る副業について調べてみましょう。

営業マンの副業は営業代行がオススメ


営業の副業といえば、やはり営業スキルを活かした副業がオススメです。
企業では営業マンを募集しているところも多く、営業代行の需要は高いです。
営業代行は、その名の通り、企業に代わってその会社の商品やサービスを販売します。
企業によっては、営業人材が不足しており、外注で営業をしてくれる人材を探しています。
本業でも副業でもサービスや商品を営業してくれれば、問題ないと思っている企業も多いです。

平日終了後や土日でも営業代行は可能

営業の副業は、基本的に時間の縛りがほとんどないです。
平日の業務終了後はもちろん土日でも働けるので副業でも始めやすいです。

営業マンが営業代行の副業を行うメリット

簡単に始めやすい
スキルアップ・キャリアアップに繋がる
新しい人脈を作ることが出来る
将来の独立に繋がる

簡単に始めやすい

営業代行の副業は気軽に始めやすいのが特徴です。
基本的には営業スキル1本で稼ぐことが出来ます。
また、クラウドソーシング等に登録すれば案件等は獲得出来ます。

スキルアップ・キャリアアップに繋がる

本業とは違う商品・サービスを扱うことで、スキルアップ・キャリアアップに繋がります。
また会社の看板・サービスに頼らずに、販売することが出来れば営業スキルも向上します。

新しい人脈を作ることが出来る

本業で出会うことのない人に出会える可能性があります。
本業で培った人脈を副業に生かすこともできますし、その逆も出来ます。

営業マンが営業代行の副業を行うデメリット

本業に悪影響を与える可能性があること
平日業務終了や土日に働く必要がある

本業に悪影響を与える可能性があること

副業に力を入れすぎて、悪影響を与える可能性があります。
副業を頑張りすぎて、本業に集中していなかったり朝寝坊してしまうなど本業にマイナスになることもあります。
そして、結果本業の業務成績が落ちて給料や評価が落ちてしまうこともあるかもしれません。

平日業務終了や土日に働く必要がある

副業で行う訳なので、平日業務終了や土日に働く必要があります。
本業で疲れている中で、平日業務終了後や土日に働くので体調管理には気をつけましょう。

参考記事:営業マンなら週末副業をすべき理由とは?

営業代行を始めるには?

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスで案件を獲得するのが一般的です。
また、近年ではSaleshubやkakutokuのように営業特化したマッチングサイトも登場しています。

クラウドワークス・ランサーズ

クラウドワークス・ランサーズは総合的なクラウドソーシングサイトになります。
色々なカテゴリの案件が掲載されています。
営業に特化している訳ではありませんが、営業代行の案件も多く登録されています。
営業関連のカテゴリが登録されて、そこから案件を獲得可能です。

Saleshub

Saleshubに登録している企業に見込み客を紹介して、アポイントを設定することで報酬を得るサービスです。
自分自身で商談をやりきる必要がないのが特徴です。
本業の人脈を活かしたい人や副業で稼ぎたい人向けの商品です。

kakutoku

営業に特化したクラウドソーシングサービスです。
Saleshubよりも本格的な営業代行の案件が掲載されています。
kakutokuでは営業スキルに自信のある方も多く登録しています。
企業側の要望としては、本格的な営業支援を希望しているケースが多いです。
週1日OKやリモートOKなど色々な案件が掲載されています。

参考記事:副業での営業の始め方!オススメのサイト調べてみた。

まとめ

営業代行は「成果報酬型であるためにノルマがないこと、自分で案件を選べること、他の副業と比べても報酬単価が高いこと」も魅力です。また、メール営業やアポ取りのような営業支援なら在宅ワークもできます。

関連記事

  1. 営業マンこそ副業で営業すべき2つのメリット!

  2. 副業で営業フリーランスってどうなの?

  3. 副業で営業代行?フルコミッション営業について調べてみた

  4. 営業マンなら週末副業をすべき理由とは?営業編

  5. 副業での営業の始め方!オススメのサイト調べてみた。