写真販売で副業デビューしよう!好きを副業に!

写真販売で副業を行う方が増えてきているとされています。
特に写真販売サイトであるPIXTAは写真販売者は20万人を超えていると言われています。
今回は写真販売を活用した副業について調べてみます。

写真販売の仕組み


誰でも自分の撮影した写真を登録して販売することが出来ます。
ストックフォトサービスに登録して、写真が売れることで、写真撮影者に報酬が入ります。
なぜ写真販売に需要があるかと言うと、ほとんどはウェブサイトに使用するためです。
基本はホームページを作成する際には、自社の写真を使いますが自分たちで用意できる写真に限界があります。
そういった際に写真販売サイトから写真を購入するので、需要があります。

スマホで撮った写真でも大丈夫?


写真販売の副業をする際に、一眼レフを持ってないから出来ないと思う方もいるかもしれません。
しかし最近はスマホで取った写真でも写真販売可能となっています。
スナップマートというスマホ写真専門の写真販売アプリも存在しています。
スマホの写真でも問題ないので、誰でもすぐ開始できるのがメリットです。

写真販売の始め方


無料素材サイトや有料素材サイトへ登録する形になります。
無料素材サイトの場合は、有料素材サイトよりも競合が少なく、おすすめです。
しかし、有料素材サイトよりは稼ぎづらいです。
それに対して有料素材サイトの場合には、稼ぎやすい分競合も多くいるため注意が必要です。
有名どころで言えば、iStock・PIXTA(ピクスタ)などが知られています。
スマホで写真販売ができる「スナップマート(Snapmart)」なども最近人気となっています。

副業の写真販売がオススメな理由とは?

誰でも始めやすい

カメラやスマホがあれば、気軽に始めることが出来る点が魅力のひとつです。
プロアマの括りは関係なく、有料素材サイトなどに登録することで誰でも収入を得る可能性があります。

好きなペースで副業が出来る

販売枚数や販売に当たる制限もないので、隙間時間等で仕事が出来ます。
何をいつどこで撮影するかは、全て自分のタイミングです。

ストック収入で安定的に稼げる可能性がある
需要があれば、安定的に売れる可能性があります。
しかしどんな写真が売れるか需要があるかを学んで写真撮影する必要があります。
登録する写真の枚数は多ければその分売れる可能性があるので、定期的に写真撮影していくことが大事です。

写真販売の副業で稼ぐコツ


写真販売で稼ぐポイントについて調べてみました。

写真の基礎を学ぶこと
需要の高い写真を取ること
投稿数を増やす

写真の基礎を学ぶこと

写真における構図など最低限を学んでおきましょう。
インターネットで調べたり、本をいくつか読んでもよいでしょう。
もしくは、うまく取れている写真の構図を参考にするのもオススメです。

需要の高い写真を撮ること

ダウンロードする方がどんな場面でその写真を使うのかという観点で、写真を撮ることが大事です。
いくら素晴らしい写真でも、需要がなければまったく意味がありません。
ダウンロードする人がどんなキーワードで検索するのかを考えましょう。
また、風景の写真よりも、人物の写真の方がダウンロードされやすいです。
サイトなどで使用する場合は、ほとんどは人物写真が求められてきます。
自分がサイトに使うなら、「こんなシーンで使う」など考えてから撮影するとよいでしょう。
綺麗なだけな風景や人物写真だけは買う人はいません。

投稿数を増やす

需要のある写真を考えて、数を投稿するようにしましょう。
結局はやってみない限り、売れるかはわかりません。
買ってもらえるように、写真の数を増やして入り口を増やすようにしましょう。

まとめ

今回は写真販売を副業で行う方法について調べてみました。
スマホなどの発達により、必ずしも一眼レフなどを使用しなくても撮影しやすくなっています。
もちろん簡単に稼ぐことは難しいので、写真が欲しい方が何を考えているかを写真撮影を行いましょう。

関連記事

  1. クラウドソーシングで副業をする場合のメリット・デメリットとは?

  2. まずはサラリーマンは副業で月1万円を目指すべき。

  3. 文字起こしの副業で稼ぐ!必要なスキルとは?

  4. 副業が会社にバレない方法はあるの?

  5. せどりでの副業がおすすめな3つの理由

  6. クラウドワークスで副業をしたい人が知っておくべきポイントとは

  7. 副業で稼ぐ方法とは?副業を選ぶポイントや方法について調べてみた。

  8. 男性におすすめの副業ランキングについて調べてみた