未経験でもHTML・CSSで稼げる?コーディングについて調べてみた

副業でHTMLやCSSを利用してコーディングなどの案件を獲得したい人が多いかもしれません。
今回はHTMLやCSSで副業を始めたい方のために、副業の始め方などを調べていきましょう。

HTMLやCSSとは?


HTML、CSSはプログラミング言語の基礎になります。
学びやすいとされているプログラミング言語です。
副業でプログラミングを学ぶ方が増えてきています。
HTMLやCSSを学ぶことで、Webサイト制作のコーディングやWebサイトを制作することが出来ます。

HTMLやCSSの勉強方法とは?


HTMLやCSSは独学で勉強できる可能性があります。
HTMLは独学で習得可能です。
もちろんお金や時間に余裕がある方は、オンラインスクールなどに通ってもよいかもしれません。
特にTechAcademyなどのオンラインスクールが有名です。
副業向けのオンラインスクールとなり、無料体験授業などもありますので始めやすくなっています。
オンラインスクールのメリットしては、わからない部分をすぐに確認できる点です。

受注できる案件の種類


HTMLやCSSを学ぶことで、受注出来る案件はいくつかの種類があります。

ホームページの修正・変更
ページの追加
ホームページの一部や全体のコーディング

HTMLやCSSを学んだ初心者であれば、まずはホームページの一部の修正などから案件を獲得していきましょう。
実績を積んでいくことで、ホームページの一部や全体などをコーディングする仕事を獲得出来ます。
ホームページ全体をコーディングする仕事が出来れば、副業としてはそれなりの収入になります。
報酬としては、ページの修正・変更は数万円程度になります。
ホームページのコーディングは5万円程度になります。
デザインを含めると数十万程度の報酬になります。

副業での案件獲得方法

クラウドソーシングサイトを利用する
自身でサイトを作成して案件を獲得する
知人などから案件を獲得する

クラウドソーシングサイトを利用するのが一番早く副業を始めることが出来ます。
特にクラウドワークスなどが有名で、ホームページのコーディングなどの案件が多く掲載されています。
様々なレベルでの案件が募集されています。
自分のスキルに合った案件を選べるのが最大の魅力です。
特にクラウドワークスでは、「ホームぺージ制作・Webデザイン」のジャンルの仕事が200件以上掲載されています。
しかしクラウドソーシングサイトの場合は、競合も多いので単価が安くなる傾向があります。
自身でサイトを作成する場合には、自分のサイトにアクセスを多く集めることが出来れば、案件を獲得しやすくなります。
しかし、アクセスを集めるまでが難しいのは注意が必要です。
知人などから案件を獲得する場合は、案件を獲得しやすい反面、安定的に仕事が来るわけではないです。
また、知り合いなので、知り合い価格などで買い叩かれてしまう可能性があります。

まとめ


HTML・CSSを学習することで、webサイトのコーディングやwebサイト制作の案件を獲得することが出来ます。
HTML・CSSを学習するためにプログラミングスクールなどを活用するのもよいでしょう。
クラウドソーシングサイトなどで案件の数は多く掲載されています。
簡単な案件でも数万円程度になります。
スキルや実績を積み重ねることで、月に数十万稼ぐことも可能です。
まず副業から学んでいきましょう。

関連記事

  1. サラリーマン必見!副業としてコンサルがおすすめな理由

  2. 主婦にオススメ!安全で簡単な副業について調べてみた。

  3. パソコンを使ったオススメの副業とは?自分のスキルや得意なことを生かそう…

  4. 目標に合わせてコツコツ稼げる副業について調べてみた。

  5. ITで副業したい人向け!エンジニアが仕事を受ける5つの方法

  6. スマホで出来る副業をランキング形式で調べてみた。

  7. ノートパソコンを使った副業について調べてみた。

  8. 副業で稼いでる人の特徴について調べてみた。