ぶっちゃけサラリーマンの副業でウェブライターってどうなの?

隙間時間を有効活用したい、まずは収入が増やしたいと思うサラリーマンの方が多くいると思います。
2018年副業解禁元年から副業解禁されている企業も増えていると思います。
特に在宅での副業が注目されてきています。
特に、ウェブライターは、初心者にもおすすめとされています。
スキルや資格も不要のため、副業初心者に最適となっています。

ウェブライターのメリットとは?

隙間時間を活用できる

ウェブライターのメリットは、隙間時間で副業ができる点です。
基本的にはPCがあれば行うことができます。
自宅でももちろん出来ますし、自宅近くのカフェや図書館などで仕事が可能です。
時間や場所に縛られないことが大きな魅力です。

スキルを上げることが出来る


ウェブライターとして案件をこなしていくことで、スキルアップすることが出来ます。
文章を書くスキルを上げることやwebマーケティングのスキルも身につくことが出来ます。
またスキルを身に付けることで転職の際に役立つことも可能です。
webマーケティング会社に就職したり、ライターとして採用されることもあります。
特にwebメディアを行なっている企業も多くあるので、そういった会社にも就職することが可能かもしれません。
最近では様々な業界の企業が、Webサイト運営を行なっているので、IT業界以外の企業への就職も十分に可能ですよ。

頑張り次第で稼ぐことが出来る

基本的に完全成果報酬なので、努力次第で稼ぐことが出来ます。
特別なスキルや資格を保有していなくても、稼ぐことが可能です。
基本的には、Webライター1文字あたり○円という形で報酬が支払われます。
案件を多く獲得することで、収入を増やすことが出来ます。

繰り返し記事を書いて慣れることが大事ですかね。

ウェブライターのデメリットとは?


ウェブライターのデメリットは、どんな部分でしょうか?

文章を書くのに慣れるまでは時間がかかる

文章を書くのが得意な人であれば、問題ないかもしれませんが意外と文章を書くことは大変です。

文章を書く作業に慣れなければ、安定的に稼ぐことは難しいです。

労働集約モデル

多くの副業でそうかもしれませんが、労働集客モデルになります。
また、自分が執筆した記事も基本的には権利は先方のものです。

ウェブライターで案件を獲得する方法とは?

案件を獲得する方法は、クラウドソーシングサイトで獲得する方法が一番楽です。
特にクラウドワークスサグーワークスなどが有名です。


サグーワークスは特にライティング専門のクラウドソーシングサイトとしても有名です。
ライティング初心者でもまずは案件を獲得を目指していきましょう。
もちろん、Webライティングなどの本を読んで基礎固めをしてからでもよいかもしれません。
もしくは講座やセミナーなども良いと思います。
しかし勉強することも大事ですが、まずは仕事として案件を獲得することも大事です。
ライティングは教えられたから誰でも素晴らしい文章が書けるわけではありません。
書いていく過程で学んでいくものです。
そして最初は1記事書き上げるのに、相当な時間がかかるかもしれません。
まずは書いていくことで、書き方を学ぶことが出来ます。

ウェブライターってどれくらい稼げるの?


ウェブライターはどれくらい稼ぐことが出来るのでしょうか?
基本的にはライティングは文字単価で仕事を受けることになります。
つまり文字単価を高くして、ライティングの仕事を受けていく必要があります。
文字単価の相場は1文字0.5~5円程度となります。
初心者の場合は当たり前ですが、単価は安いです。
実績を積み上げていくことで、文字単価をあげていくことが出来ます。
最初のうちは、もちろん文字単価が高いものは獲得することが難しいです。
自分の得意な分野をしっかりと見定めて実績を増やしていきましょう。

まとめ


副業初心者にオススメとなっているのが、ウェブライターです。
もちろん簡単に稼げる訳ではないですが、継続して行うことで稼ぎやすい副業になります。
特別な資格やスキルもいりませんので、まずは案件を獲得して実績を増やしていくことで安定的に稼ぐことが出来ます。
まずは副業の第一歩としてウェブライターを目指してみるのもうよいかもしれません。

関連記事

  1. 男性におすすめの副業ランキングについて調べてみた

  2. コロナ渦で副業はどうなる?副業のパターンや税金に関して調べてみた。

  3. 副業でよくある相談をまとめてみました。

  4. 女性にオススメ?モーニングコールの副業について調べてみた。

  5. コロナ禍で選ぶべき副業とは?

  6. 副業で稼ぎたい人にオススメについて調べてみた。

  7. 週1でも始められる!週末副業から始めてみましょう。

  8. サラリーマンこそ今、休日に副業をすべき