副業で月2万稼ぐ!今こそサラリーマンは副業をすべき

2018年は副業元年と呼ばれ副業解禁され始めています。
サラリーマンなども本業に以外に副業を行い稼げたいと思っている人も多いと思います。
今回は月2万円を稼げる副業について調べていきます。

今こそサラリーマンは副業をすべき理由とは?

2021年現在では、新型コロナウイルスの影響もあり、賞与が減ったり毎月の給与が下がった人も多いかもしれません。
「もっとお金が欲しい!」
「子供の教育費を稼ぎたい!」
そんな方が増えていると思います。

そういった方こそ、副業をすべきです。
副業で月2万円を稼ぐことで、色々な事にお金を使うことが出来ます。
今まではサラリーマンが副業を行うことは少なかったかもしれません。
しかし今こそサラリーマンが副業をすべき時代に突入してきました。

サラリーマンが副業を行うメリットとは?

収入が増えること

副業のメリットは収入が増えることです。
前述の通り、新型コロナウイルスの影響で今後どのような情勢になるかわかりません。
もちろん順調に昇給や転職によって収入を上げていくことは出来ます。
しかし働き方や業界によっては本業の収入アップが難しいこともあります。
また、老後資金2000万円問題など、ますますお金がかかってくる時代になります。
収入を上げるための一つの手段として、副業を行うことが大事になります。

スキルアップになる

副業のメリットとして、スキルアップを目指せる点です。
どんな副業を選ぶかによって変わってきますが、副業でスキルアップや副業での人脈を作ることが出来ます。
本業培ったスキルを副業に活用できたり、副業で培ったスキルを本業に活かすことも可能となります。
スキルアップすることで、本業の収入アップやもしくは転職の際にプラスになるスキルを身に付けることができます。

サラリーマンでも月2万稼げる


現状では、副業初心者でも仕事を始めやすくなってきています。
特に自宅でPCやスマホがあれば、副業を始めることは簡単になっています。
在宅で出来る副業は今注目されています。
在宅で出来る副業は、そもそも出勤する必要もなく隙間時間で仕事が出来る点でオススメとなっています。
隙間時間で頑張れば月2万を稼ぐことも可能となります。
月2万円の副業であれば、「在宅で時間が出来た分の通勤時間の活用」や「在宅で削減された残業代」を埋める金額としては、現実的です。

副業を選ぶポイントとは?


副業をするとどうしても必要になるのは、プライベートの時間を切り売りしなくてはいけません。
本業以外の時間を使って副業を行う必要があります。
つまり時間管理が大切なポイントになります。
副業で無理をしてしまって、本業に影響が出てしまうのが一番悪い例です。
また楽しい副業で継続出来なければ稼ぐことも出来ません。
楽しく継続できる副業を選んでいきましょう。

サラリーマンが月2万稼ぐためにオススメの副業

クラウドソーシングを活用した副業

副業初心者にもおすすめなのがクラウドソーシングを活用した副業です。
クラウドソーシングサイトは仕事を依頼したい企業と仕事を受注したい人をマッチングしてくれます。
データ入力や問い合わせフォーム送信などの簡単な仕事から、ライティングやプログラミングやwebデザインなど様々な仕事が掲載されています。
基本的には成果報酬の仕事が多いので、隙間時間や土日に仕事を行うことが出来ます。
サービス利用料として手数料がかかりますが、自分で営業する必要がないのでオススメです。

参考記事:副業初心者はクラウドソーシングサイトで稼ぎましょう。

ブログのアフィリエイト


ブログのアフィリエイトも副業で月2万を稼ぐ方法としてオススメです。
アフィリエイトは自分のブログを立ち上げて、そのブログへの訪問者に広告をクリックしてもらいます。
もしくは広告をクリックしてもらい、商品購入もしくはサービス利用をしてもらうことで、報酬を得ることが出来ます。
アフィリエイトの特徴としては、報酬につながるまでは時間がかかるものの、大きく稼げる可能性がある点です。
またアクセスが集まってくれば、継続的に収益になってきます。
ただしアフィリエイトは稼げるまでに半年から1年間かかるとされています。

参考記事:0から副業でブログを始める方法

Webライター


Webライターとは、Webメディアに掲載する記事を書く仕事です。
ボリュームやテーマは様々で、企業や個人が保有するWebメディアに記事を掲載することになります。
Webライターの副業は、下記のようなメリットがあります。

・Webライティングなどスキルが身に付く
・案件を獲得しやすい

WebライティングやWebマーケティングの知識を身に付けることが出来るため、スキルアップに繋がりやすいです。
スキルを生かして、独立や転職に繋がってきます。
また、クラウドソーシングサイトに案件も掲載されているので、始めやすいのが特徴です。

注意点としては、下記です。

・単価がそこまで高くないため、数をこなす必要がある

基本的に文字単価1円のような形で仕事をこなしていく必要があります。
爆発的に稼いでいくことは難しいので、注意点です。

参考記事:目指せ副業ライター!サラリーマンこそWEBライティングをすべき理由とは?

月2万円の収入は確定申告が必要になることがある


副業で確定申告をする必要があるのは、事業所得が年間20万円以上ある方です。
事業所得なので、単純な売り上げではありません。
所得=売上-経費になるので、売上40万円で経費が32万円の場合、所得は8万円となるので確定申告は不要です。
月2万以上を稼ぐと確定申告が必要なラインになるので注意が必要です。

月2万を稼ぐためには?


毎月の収入が今より2万円増やすことが出来れば、今より楽な生活が出来るかもしれません。
特に在宅で出来る副業初心者向けの案件も多く存在します。
月々2万円であればコツコツ行うことが達成できる可能性があります。
楽しく継続できそうな副業を選ぶと良いでしょう。

関連記事

  1. 新しい働き方!リモートワークで副業で始めてみましょう。

  2. サラリーマン・会社員が、副業で個人事業主になる方法とは?

  3. 忙しくて時間がないサラリーマンにオススメの副業について調べてみた。

  4. 副業する場合って保険ってどうなるの?副業先でも保険に入れる?

  5. 副業にオススメな代行業について調べてみた。

  6. 本業以外で収入をプラスしよう!プチ副業について調べてみた。

  7. 今こそ社会人は副業をすべき!社会人にオススメの副業調べてみた

  8. マイナンバーで副業がバレる?マイナンバーの基礎とは。