在宅で出来る副業ランキング!厳選6選

近年、副業を検討されている方が増えてきているとされています。
徐々に副業を解禁する会社が増えてきている中で、副業が注目を浴びています。
今回は、在宅で出来る副業ランキングについて調べていきましょう。

なぜ副業が注目されているのか?


まずはなぜ副業が今注目されているのか?について調べていきましょう。

サラリーマンの収入が上がらない


国税庁の調査によると、2017年のサラリーマン平均年収は約420万円とされています。
この数字は10年間変わっていません。
今後収入が爆発的に上がることはないと思います。
そういった意味でサラリーマンが収入をあげるために副業を行う人が増加しています。

国の方針が変化している


政府が副業を推進しているのが大きな理由です。
特に少子高齢化による働き手が不足している点と平均寿命の上昇や財源不足によりや年金問題などが原因となります。
こういった状況なので、副業でもいいので働き手を増やしたいという思惑があります。
厚生労働省が出しているモデル就業規則は、ついに副業容認の項目が追加されています。
上記の国の動きに引っ張られる形で、徐々に副業を認める会社が増えてきています。

サラリーマンが選ぶべき副業とは?

自分のスキルを活かす副業

自分のスキルを活かした副業を選びましょう。
例えばWebデザイナーの場合には、プログラミングやSEOの知識を身に付けることで本業のスキルアップにもつながってきます。
営業が得意な方であれば、営業代行などの副業が良いかもしれません。
普段は営業しない会社などに営業行くことで営業スキルが向上します。

時間・場所に縛られない副業

通常のアルバイト・パートを否定する訳ではありませんが、自分で働く時間や場所を決めることが出来ないのがアルバイトやパートです。
副業の時間は多くの人は限られています。
副業の時間を最大限活かせる副業を選びましょう。
そういった意味で在宅で出来る副業が一番オススメです。
在宅で出来るので出勤のストレスなどもありません。

在宅で出来る副業ランキング


それでは自分のスキルを活かせる副業について調べていきましょう。

第1位・ライティングスキルを活用する


まず一番最初におすすめするのがブログを立ち上げてアフィリエイトで収入を得る方法です。
記事を書いて、その記事を見てくれたユーザーが広告をクリックするか広告からサービス購入・登録などをしてもらうことで収益になります。
もちろん書いてあることは簡単です。
しかしブログやアフィリエイトで収益化出来るまでは半年から1年間かかるとされています。
自分のブログに、地道に記事を書き続けなくてはいけません。
そしてあらゆる解析ツールを使って自分のサイトを分析・改善をしなくてはいけません。
もちろん全員が全員稼げるようになるものではありません。
地道に記事を書き続けることが出来る方が、将来大きな収益につながってきます。
アフィリエイトを始めて、まったく稼げなくてやめてしまう方も多くいます。
しかし、地道に努力して継続的に成果を出せるようになると、自動的に稼いでくれる可能性を秘めているのも事実です。
その他アフィリエイトをおすすめする理由は、記事が書ければ誰でも始めることが出来ることです。
また、初期投資がほとんどかからない点が魅力です。
ドメイン代・サーバー代が年間1万円かからないくらいです。

参考記事:0から副業でブログを始める方法

webライター

ブログをやるまでもないけど、ライティングで稼ぎたいという方には、webライターがオススメです。
基本的にはPCがあれば、webライターとして活動することが出来ます。
基本的には1記事何文字◯円という形で仕事を受けることになります。
隙間時間で働けるのもメリットです。

案件の獲得方法

webライターなどの案件を獲得するのは、クラウドソーシングサイトを活用するのが一番です。
後述するような特に有名なのは、クラウドワークスです。サグーワークスはライティング専門のクラウドソーシングサイトとして有名です。

第2位・身近なスキルを活用する


自分のスキルを気軽に売買出来るサイトが多く登場しています。
有名なものでは、ココナラ・タイムチケットなどがあります。
幅広いジャンルでスキル登録がされているので、これを機に自分のスキルを見直してみましょう。

ココナラ

ココナラは自分の得意なことやスキルを販売出来ます。

たとえば、ホームページ制作、占いや起業相談、恋愛相談など様々なジャンルで登録することが出来ます。
自分の好きなこと・得意なことを500円から簡単に販売することが出来ます。
まず副業の第一歩として登録してみてはいかがでしょうか?

タイムチケット

タイムチケットは自分の時間を30分から売り買い出来るサービスになります。
自分の得意なことやスキルを一般ユーザーに提供して稼ぐことが出来ます。
副業として稼いでいる人も多く存在していると言われています。
ジャンルとしては、宣材写真の撮影や各種相談(副業相談・起業相談)などがあります。
少しビジネス寄りなのが特徴です。
オンラインで、もちろん相談を受けることが出来ます。

第3位・プログラミングスキルを活用する


プログラミングスキルを学ぶことで、ホームページ制作などを副業として始めることが出来ます。
HTMLとCSSなどの知識が必要になってきます。
簡単なプログラミングの知識であれば、独学で習得することも出来ます。
もちろん金銭的に余裕があれば、オンラインスクールなどで学ぶことも検討してみるとよいでしょう。

案件の獲得方法

ホームページ制作などの案件を獲得するのは、クラウドソーシングサイトを活用するのが一番です。
特に有名なのは、クラウドワークスやランサーズです。

仕事を発注したい個人・法人がサイト上にお願いしたい案件を掲載して、それを見た人がその案件に問い合わせすることになります。
ホームページ制作に限らず、簡単なロゴ・チラシ作成・データ入力などの案件が掲載されています。

第4位・営業スキルを活用する

営業スキルがある方には、営業代行として活躍することをオススメします。
営業代行にもパターンがあります。
アポをセッティング・見込み顧客を紹介する・商品を販売するなどのパターンがあります。
アポをセッティングするだけで報酬を受け取ることも出来ます。
営業代行のメリットとしては、場合によっては本業以上に稼ぐことが出来ます。
また、副業で出会った人脈を本業にも活かすことも可能かもしれません。

案件の獲得方法

案件の獲得方法は、

知り合いに紹介してもらう
自分で開拓する
プラットフォームなどから紹介してもらう

のが一般的になります。
特に営業代行のプラットフォームは多く存在します。
アポセッティングだけで報酬が発生するSaleshubやkakutokuなどインターネットで調べると簡単に見つかると思います。

第5位・コンサルスキルを活用する

スポットでコンサルを求めている方も多く存在します。
コンサルの経験やスキルを活かして、お客さんの問題解決を行うことが出来ます。
オンラインなどで一度だけミーティングしてアドバイスをすることになります。
単発のコンサルで収入になるだけでなく、新たな人脈や社長に出会うことが出来ます。

案件の獲得方法

案件の獲得方法は、

知り合いに紹介してもらう
自分で開拓する
プラットフォームなどから紹介してもらう

のが一般的になります。
ビザスクなどが特に有名です。
1時間から相談出来るスポットコンサルのプラットフォームになります。
6万人程度の登録者がおり7割の4万人程度が副業として登録しているそうです。

第6位・撮影スキルを活用する

撮影スキルを活用して、写真販売の副業を行うことが出来ます。
撮影した写真を個人や企業に買ってもらう形です。
写真撮影は、一眼レフなどで行うイメージがあるかもしれません。
そこまでの機材やスキルはないという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし近年では、スマホカメラの写真でも売買されるようになっています。
Selpy(セルピー)というサイトは、スマホ写真専用の販売プラットフォームになっています。

まとめ

副業を選ぶ際の基準としては、自分のスキルを活かすという観点で選びましょう。
副業初心者でも簡単に始められる副職やも多く存在します。
ぜひ自分に合った副業を見つけましょう。

関連記事

  1. Tシャツ販売の副業は稼げるのか?Tシャツ販売のメリットとは?

  2. 主婦にオススメ!安全で簡単な副業について調べてみた。

  3. 会社にバレない副業の仕方!オススメの副業とは。

  4. ココナラで副業の第一歩を踏み出そう!

  5. 大企業に勤める人こそ副業をすべき理由とは?

  6. 副業する場合って保険ってどうなるの?副業先でも保険に入れる?

  7. 文字起こしの副業で稼ぐ!必要なスキルとは?

  8. セミナー講師は、実は副業にオススメ!