サラリーマンにオススメの副業アルバイトとは?

「会社の給料がなかなか上がらない」
「もう少し毎月自由に使える給料が増えればいいな」

そんな悩みを抱えているサラリーマンの方も多いと思います。
会社の給料を劇的に上げていくのは難しいと思います。
だからこそ収入を増やすためには「副業をする」という選択肢があります。
2018年の副業元年から、副業を認めている企業も少しづつ増えてきています。
休日や隙間時間を活用して、副業を行なっている方が増加しています。
今回はサラリーマンの副業にオススメのアルバイトや副業をする際の注意点について調べていきましょう。

副業を選ぶときのポイント


単に副業を行なうにしても、副業には種類があります。

成果報酬型
時給型

の働き方があります。
成果報酬型は、自分のペースで自由に仕事が出来る働き方です。
時給型はコンビニアルバイト/飲食店のアルバイトなどの働き方です。
単純にコンビニアルバイト/飲食店のアルバイトなどの時給型はオススメしません。
※短期的に稼ぎたいのあれば、単純なアルバイト・パートもオススメです。

しかし長期的に考える場合には、自分の得意な事で稼ぐことが出来る副業・在宅で気軽に出来る副業が今後大事になります。
単純なアルバイトやパートの場合には、単に時間を切り売りする副業になり、スキルアップにつながらないケースがほとんどです。
比較的簡単な業務内容が多くて、稼ぐ力が身に付きづらいです。
仮に週5日で『居酒屋のアルバイト』をしても、稼げる力は身につかないですし、劇的に給料を上げることは難しいです。
仮に、成果報酬型でスキルを伸ばす副業が出来れば、それを活かして転職することも可能になります。

WEBライター・プログラミング・アフィリエイトなどの成果報酬型の副業を行なっていた場合には、転職市場で評価されることがあります。
転職した際に面接官から『アフィリエイトで成果出しているから、マーケティング事業部で役に立ちそう!』などと評価される可能性が高いです。
仮に本業がWEBマーケティング関連の仕事でなくても、副業の実績を持って未経験の業界にも転職可能です。
※もちろん全ての成果報酬型の副業がスキルアップに繋がる訳ではありません。

オススメの副業について


副業を選ぶ上で大事なのは、自分の得意な事で稼ぐことが出来るスキルを身に着けることです。
それを踏まえて時給型のアルバイトなどではなく、下記のような副業がオススメとなります。

プログラミング

プログラミングを学びことで将来の選択肢が広がります。
エンジニアの人材不足は今後も進んでいくので、オススメになります。
もちろん需要があるからといって、簡単に案件を獲得して稼ぐことはもちろん出来ません。
独学で学んでも問題ないですが、TechAcademyやCodecampなどのオンラインスクールで学ぶこともよいでしょう。
プログラミング言語を勉強したら、まずはクラウドソーシングサイトなどで案件を獲得してスキルを高めていきましょう。

参考記事:今すぐプログラミングで賢く副業してみましょう。

サイト運営

アフィリエイトで稼ぐことが可能なのがサイト運営です。
単純にサイト運営に関しては、ブログに多くの方がきてもらうと広告収入が得られる仕組みです。
クリック型の広告(google アドセンスなどが有名)や成果報酬型の広告(a8.net)などで収益を得る形になります。
サイトに訪れたユーザーが広告をクリックして、サービス利用もしくは商品購入をすることで、収益の一部を得ることが出来ます。
だからこそ多くのユーザーが訪れるサイトを作ることで、稼ぐことが可能になります。
しかし、当たり前ですが多くのユーザーが訪れるようなサイトを作ることは簡単ではありません。
日々の更新作業はもちろん、SEOの知識やWEBマーケティングの知識が必要となります。
収益化まで半年から1年かかり、もちろん収益が出る前に辞めてしまう方も多くいます。

参考記事:0から副業でブログを始める方法

webライター

Webライターは、文章を書くことが得意な方やわかりやすい文章を書くのが得意な方にオススメです。
webサイトやブログの執筆を行う仕事で、資料を集めたり、現地にいって取材をすることもあります。
基本的には在宅・リモートOKの求人も多いです。
報酬に関しては成果報酬で文字単価●円のように支払われます。
成果報酬型なので、もちろん労働時間は定められていません。
自分自身の好きな時間・空いている時間を有効活用出来るのが魅力の一つです。
報酬に関してもある程度自分の得意な領域を作り、執筆出来れば文字単価も上がってきます。

△案件獲得方法
基本的にはクラウドソーシングサイトから案件を獲得することがオススメです。

クラウドワークス

・ランサーズ

・サグーワークス

上記のようなクラウドソーシングサイトに登録してみましょう。
サグーワークスは珍しいライティング特化型のクラウドソーシングサイトです。

Webデザイン

Webデザインも副業としては、オススメです。
Webデザインスキルを獲得していれば、副業を始めやすいです。
クラウドソーシングサイトの登場などで、Webデザイナーの需要は増えてきています。
多くの企業がWebサイトを持つ時代になっているのもWebデザイナーの需要が高まっている要因です。
スキルに関しては、デザインのスクールなどに通って勉強もすることや独学でデザインを学ぶことも可能です。

本業をしながら副業をするときの気になるポイント


副業でアルバイトするときは、いくつか注意点があります。

副業禁止か確認すること

実際のところ、副業を認めている会社なのかというのを確認が必要です。
副業が禁止されているかは、就業規則で確認しましょう。
多くの企業は、本業への影響出るという点で、禁止している会社が多いです。
単純に労働時間が増えて、本業に影響が出ることを気にしています。
副業先とのトラブルが起きた際にも責任を取れないなどの点で副業を禁止しています。

副業で収入を得たときの税金はどうなる?

副業でも収入が発生する場合には、確定申告が必要になります。
収入によっては、所得税や住民税がかかります。
毎年2月16日から3月15日までに確定申告書を提出する必要になります。
収入から経費を引いた所得が年間20万円を超える場合に確定申告が必要です。

稼げる副業サラリーマンになるためには


稼げる副業サラリーマンになるためには、下記のポイントは大事になります。

隙間時間を利用する

隙間時間を利用することが大事なポイントです。

通勤時間
休憩時間
移動中

意識するだけで多くの隙間時間を活用することが可能になります。
土日に時間を確保するのはもちろん、平日の隙間時間を活用して副業で結果を出していきましょう。

副業の時間を必ず確保する

【空いた時間で副業をする】
これが一番ダメなパターンです。
空いた時間で副業をしようと思っても、結局副業を出来ないことがほとんどです。
意図的に『副業する時間を生み出すこと』が大事です。

出勤前にカフェで副業を1時間必ず行う
平日は、本業後に必ずカフェで1時間以上は副業を行う
毎日1時間以上はYouTube/tiktok/twitterを見ない
土日は3時間以上、副業を行う

そして、googleカレンダーと連動するのがオススメです。
事前に予定として抑えておくことが副業を行うモチベーションに繋がってきます。

無理なく継続すること

副業の時間を確保して、副業を行うことも大事ですが並行して大事なことは、無理なく継続することです。
張り切って、1週間は頑張って副業を行なってもそれっきりで終わってしまっては副業で結果を出すことは出来ません。
しっかりと時間を確保して、自分のペースで副業を行いましょう。
また、副業に力を入れ過ぎて本業に悪影響を与えることもあるので注意が必要です。

まとめ

成果報酬型の副業を行うことで、スキルアップに繋がったり、転職先の可能性を広げることが出来ます。
特に
プログラミング
サイト運営
Webライター
Webデザイン
はスキルアップも出来る副業としてもオススメです。

副業を始めるに遅いはないので、まずは始めてみましょう。

関連記事

  1. コロナ禍で選ぶべき副業とは?

  2. 退職前の副業はバレるの?

  3. 公務員でも副業が出来る?公務員が出来る副業を調べてみた。

  4. 未経験でもHTML・CSSで稼げる?コーディングについて調べてみた

  5. 簡単で始めやすい副業について調べてみた。

  6. 副業でフリーランスとして活動するには?

  7. 50代で始める無理なく稼げる副業の始め方

  8. お手軽に懸賞サイトで副業をしてはいかがでしょうか?