サラリーマンにオススメの副業アルバイトとは?

2018年の副業元年から、副業を認めている企業も少しづつ増えてきています。
休日や隙間時間を活用して、副業を行なっている方が増加しています。
今回はサラリーマンの副業にオススメのアルバイトについて調べていきましょう。

副業の選ぶときのポイント


単に副業を行なうにしても、副業には種類があります。
単純にコンビニや飲食店などのアルバイト・パートで稼ぐパターンはオススメしません。
もちろん短期的に稼ぎたいのあれば、単純なアルバイト・パートがいいかもしれません。
しかし長期的に考える場合には、自分の得意分野や実務経験がある事を副業にすることが大事です。
今後を考えると、自宅で自分の得意な事で稼ぐことが出来るスキルが今後大事になってきます。
単純なアルバイトやパートの場合には、単に時間を切り売りする副業になり、スキルアップにつながらないケースがほとんどです。
仮に、ブログ運営やプログラミングやデザインを学ぶ副業が出来れば、それを活かして転職することも可能になります。

オススメの副業について


副業を選ぶ上で大事なのは、自宅で自分の得意な事で稼ぐことが出来るスキルを身に着けることです。
それを踏まえて単純なアルバイトなどではなく、下記のような副業がオススメとなります。

プログラミング

プログラミングを学びことで将来の選択肢が広がります。
エンジニアの人材不足は今後も進んでいくので、オススメになります。
もちろん需要があるからといって、簡単に案件を獲得して稼ぐことはもちろん出来ません。
独学で学んでも問題ないですが、TechAcademyやCodecampなどのオンラインスクールで学ぶこともよいでしょう。
プログラミング言語を勉強したら、まずはクラウドソーシングサイトなどで案件を獲得してスキルを高めていきましょう。

webライターやブログ運営

最終的にはブログ運営をするという目標を立てて、始めることがおすすめです。
Webライターは、文章を書くことが得意な方やわかりやすい文章を書くのが得意な方にオススメです。
初めは、1文字0.5円など、報酬が安くなってしまいます。
しかしある程度自分の得意な領域を作り、執筆出来れば文字単価も上がってきます。
そして最終的には、ブログ運営まで出来ると安定的に稼ぐことが出来るかもしれません。
単純にブログ運営に関しては、ブログに多くの方がきてもらうと広告収入が得られる仕組みです。
クリック型の広告(google アドセンスなどが有名)や成果報酬型の広告(a8.net)などで収益を得る形になります。

デザイン

デザインも副業としては、オススメです。
デザインスキルを獲得していれば、副業を始めやすいです。
クラウドソーシングサイトの登場などで、デザイナーの需要は増えてきています。
デザインのスクールなどに通って勉強もすることで、デザイナーとして活動することが出来ます。
もちろん独学でもデザインを学ぶことも可能です。

本業をしながら副業をするときの気になるポイント


副業でアルバイトするときは、いくつか注意点があります。

副業禁止か確認すること

実際のところ、副業を認めている会社なのかというのを確認が必要です。
副業が禁止されているかは、就業規則で確認しましょう。
多くの企業は、本業への影響出るという点で、禁止している会社が多いです。
単純に労働時間が増えて、本業に影響が出ることを気にしています。
副業先とのトラブルが起きた際にも責任を取れないなどの点で副業を禁止しています。

副業で収入を得たときの税金はどうなる?

副業でも収入が発生する場合には、確定申告が必要になります。
収入によっては、所得税や住民税がかかります。
毎年2月16日から3月15日までに確定申告書を提出する必要になります。
収入から経費を引いた所得が年間20万円を超える場合に確定申告が必要です。

関連記事

  1. 副業を法人化するメリット・デメリットとは?

  2. マイナンバーで副業がバレる?マイナンバーの基礎とは。

  3. サラリーマンがやるべき在宅副業とは?

  4. パソコンを使ったオススメの副業とは?自分のスキルや得意なことを生かそう…

  5. 副業に人気の採点アルバイトについて調べてみた

  6. 30代でも遅くない!副業の始め方について調べてみた。

  7. 副業の始め方・やり方について調べてみました。

  8. 副業で稼ぐ方法とは?副業を選ぶポイントや方法について調べてみた。