クラウドソーシングで副業をする場合のメリット・デメリットとは?

クラウドソーシングサービスで副業しているサラリーマンや主婦が増加しているとされています。
クラウドソーシングサービスを活用して副業をする方が今後も増えてくると思われます。
今回はクラウドソーシングについて調べていきましょう。

そもそもクラウドソーシングとは?


クラウドソーシングは仕事を依頼したい依頼主と、仕事を受注したい人をマッチングするサービスとなっています。
サラリーマンの副業や主婦の副業におすすめな理由としては、気軽に始める事が出来るからです。
案件が多く登録されているので、マッチングしたらすぐに仕事が開始する事が出来ます。
中には本格的な仕事も多く掲載されていますが、隙間時間で出来るようなものも掲載されています。
そういった点でサラリーマン・主婦の副業として人気になります。
クラウドソーシングだけで生計を立てているフリーランスの方も多く登録しています。
もちろん副業で登録しているユーザーも多くいます。

クラウドソーシングのメリット


クラウドソーシングのメリットについて調べていきましょう。

仕事を選べる点

クラウドソーシングのサービスには、多くの案件が登録されています。
副業初心者でも取り組めるものから、専門的なスキルが必要な案件まであります。
webライティング・HP作成・データ入力・ロゴ作成など常に色々な案件が掲載されています。
また案件の多くは、パソコンやスマホがあれば作業する事が出来ます。
基本的にやりたい仕事や得意な仕事を選んで、副業を行うことが出来ます。

隙間時間で働ける点

隙間時間で働けるのがメリットです。
決まった時間で働くというよりも、案件ごとに働くことになります。
時間の合間にできるのが特徴で、場合によっては会社の休憩時間に行なうことも可能です。
また、場所にも縛られないことも魅力です。
隙間時間で、基本的には完全在宅で行うことになります。
電話やzoomなどで打ち合わせを行い、仕事を進めていきます。

クラウドソーシングの運営側が仲介してくれる点

発注者と何かのトラブルが発生した場合には、クラウドソーシングの運営側が間に入ってくれます。
通常の案件の場合には、トラブルになった場合には自分自身で対応する必要があります。
しかしクラウドソーシングの場合は、クラウドソーシングの運営がサポートをしてくれます。
また報酬の支払いに関しても、手数料がかかるものの徴収まで行ってくれます。
副業初心者にとっても使いやすいのが特徴です。

クラウドソーシングのデメリット


クラウドソーシングのデメリットについて調べていきましょう。

単価が安い

クラウドソーシングの中には簡単にデータ入力するだけのものを多いです。
データ入力1件100円程度など1件当たりの単価が安くなりがちです。
案件の数を多くこなすことで、稼げるようになります。
もちろんスキルを上げることで、高い報酬を得ることも出来ます。
特に、高単価の案件はHP作成・プログラミングやデザインなどになります。
ものによっては案件を受注して作業をしたら思ったよりも時間がかかってしまい、実は思いの外稼げていないこともあります。

案件をしっかりと選ばないと時給換算したら、まったく稼げていないこともあります。

発注者とトラブルになる可能性がある

発注者とトラブルになる可能性があります。
コミュニケーションが円滑でない場合や不十分だった場合に、「案件を受注や納品した後に変更をお願いをされる」ケースもあります。
納品をしたはずなのに、「あれもこれも追加してほしい」と依頼がきてしまう可能性もあります。
発注者とトラブルには気をつけましょう。

おすすめなクラウドソーシングサイトとは?


次におすすめなクラウドソーシングサイトについていくつか調べていきましょう。

クラウドワークス

ランサーズと並び国内最大級と呼ばれているのがクラウドワークス
です。
様々なジャンルの案件が多いとされており、ライティングの仕事なども多く掲載されています。
ランサーズに比べると、若干副業初心者向けの案件も掲載されています。
ただしランサーズに比べると、高額の案件は少ない傾向があります。
副業の実績作りにオススメとなります。

参考記事:クラウドワークスで副業をしたい人が知っておくべきポイントとは

ココナラ

500円から自分のスキルを登録して販売することが出来ます。
クラウドソーシングサイトでも自分のスキルを活かして案件を獲得する形です。
しかしココナラは自分のスキルや得意なことそのものを出品して販売する形です。
イラスト、Webサイトのバナー作成などのデザイン系から、副業相談などWebシステム作成など幅広いカテゴリでスキルが販売されています。
イラスト作成・似顔絵作成などライトな案件などが掲載数としては多いです。

参考記事:ココナラで副業の第一歩を踏み出そう!

ランサーズ

前述の通り、クラウドワークスに並びランサーズが有名です。
全部で141種類のカテゴリが存在します。
クラウドワークスではシステム開発・イラスト作成・ライティングなど多くのジャンルのものが掲載されています。
特にライティングが多く募集されており、1000件以上登録されています。
ランサーズは約25万程度のユーザー数と6万のクライアントが登録されています。
ランサーズ内での案件依頼総額も約200億となっています。
国内最大手なので、やりたい案件などがない場合はまずはランサーズに登録して始めてみるのも良いかもしれません。

参考記事:ランサーズで副業をする際に知っておくべきオススメの仕事。

サグーワークス

webライター専用のクラウドソーシングサイトとなっています。
サグーワークスが稼ぎやすいのは他のライティング案件より高めなのが特徴です。
基本的に文字単価が0.2円-0.5円程度が多いですが、サグーワークスには1円を超える案件も多く掲載されています。
サグーワークスでは、ライターランクがレギュラー・ゴールド・プラチナに分かれます。
プラチナライターになると1文字1円以上の高単価案件となります。

シュフティ

シュフティの主な仕事内容は、データ入力・記事作成など多くの案件が登録されています。
主婦や未経験者などに最適なクラウドソーシングサイトとなっています。
初めて副業する方なども安心して活用する事が出来ます。

初心者などにおすすめなクラウドソーシング案件


最後におすすめなクラウドソーシング案件について調べていきましょう。

ライティング案件
事務作業案件
IT案件

ライティング案件

ライティング案件は、初心者にオススメとなっています。
ライティング案件に関しては、基本特別なスキルが必要ないのがメリットとなります。
企業や個人のWebメディアの記事を作成することになります。
ライティングは1文字1円という形で、文字単価での報酬が殆どです。
副業初心者は始めは思うように稼ぐことが難しいです。
しかし、案件数をこなしたりスキルを上げていくことで文字単価も上げることが出来ます。
また、ライティングスキルが向上していけば、就職や転職にも活用する事ができます。

参考記事:目指せ副業ライター!サラリーマンこそWEBライティングをすべき理由とは?

事務作業案件

事務作業案件に関しては、PCがあれば誰でも出来る点が特徴です。
資料をPC等でデータにしていく作業になります。
初心者におすすめとなっております。
しかしスキルとして身につくものではないので注意が必要です。

IT案件

IT系は、スキルが必要なケースがありますがオススメとなります。
本業でデザイナーやエンジニアであれば、副業として人気です。
特にデザイナーやエンジニアは、副業でも需要があります。

Webデザイン

ホームページ制作からバナー作成まで、デザインの仕事も幅広いです。
幅広いデザインの案件がクラウドソーシングで獲得可能です。
Webデザインは案件数も豊富で単価も高いのでオススメです。
もちろんWebデザイナーはライバルが多いので、案件獲得が難しいのも特徴です。

動画編集・音楽制作

動画を利用して商品をPRする会社が増えています。
また、YouTuberなどの動画編集案件も多いです。
基本的に自分たちで編集が追いつかない事が多いので、動画編集を外注するケースがあります。

まとめ

クラウドソーシングは、基本的に自宅で隙間時間で稼ぐことが出来ます。
副業初心者だと思うように稼げずに、割に合わないこともあると思います。
しかし、実績やスキルを付けていくことで安定的に稼げることも可能となります。
クラウドソーシングサイトは大手のランサーズ・クラウドワークスなどがまずオススメです。
自分でスキルを身に付けていき、自分に合ったサイトを見つけましょう。
隙間時間で副業を行い、スキルを上げて稼げるようしていきましょう。

関連記事

  1. 忙しくて時間がないサラリーマンにオススメの副業について調べてみた。

  2. 不用品販売を活用した副業!メルカリを使って稼ごう。

  3. コロナに負けるな!今こそやるべき副業とは?

  4. 1日10分の隙間時間を活用しよう!モッピーを活用した副業。

  5. 【2021年最新版】主婦におすすめ副業5選!

  6. 副業って平均年収どれくらいなの?

  7. ワードプレスを活用した副業の始め方について調べてみた。

  8. 副業で営業代行?フルコミッション営業について調べてみた