【2021年最新版】月5万円稼ぐ副業について調べてみた。

働き方の多様化に副業を行う方が増えてきています。
大きな収入といかないまでも、今より少し生活をよくしたいという意味で、副業に興味を持っている人も増えています。

以前よりは、副業も一般的になり、副業のハードルはかなり下がってきています。
気軽に副業が出来るプラットフォームも多く存在しています。

もちろんサラリーマンや主婦の方は、まとまった時間を副業の時間として確保することは難しいかもしれません
しかしスキマ時間で副業で稼ぐことも現在は可能です。

今回は

サラリーマンの副業について
副業で月5万以上稼ぐためには?
副業で稼ぐポイントについて

調べていきます。

副業を始めるといっても何から始めればいいですかね?
サラリーマンの副業について調べていきましょう。

サラリーマンが副業するべき理由とは?

サラリーマンが副業をすべき理由は2つあります。

収入が不安定+支出が増えるという点にあります。

収入が不安定だから


終身雇用や年功序列が崩壊した日本において、今の会社にいることは安定しているでしょうか?
(一般論としても、絶対に安泰な会社は存在しません。)
これからの時代、収入が自動的に増えていくことはありません。
つまり、リスクヘッジをする必要があると考えています。
さらに話題になる年金問題などもあり、今の世代が高齢者になった際にちゃんとした年金がもらえるのでしょうか?
2019年に話題になった老後資金2,000万円問題ですが、今の世代の老後についてはしっかりと考えなくてはいけません。
また、2021年現在では新型コロナウイルスの影響で収入が減った方、ボーナスが減った方も多いと思います。
今後どうなるかわからない状況が続いていくことが想像されます。

支出が増える


今の若い世代は今後さらにお金が必要になってきます。
昔の世代よりも平均寿命は伸びてきています。
2019年に消費税が10%になりましたが、今後はもっと消費税が上がっていくことも考えられます。
さらに高齢化によって医療費・介護費用負担額もより一層増加していくことが予想されています。

サラリーマンが副業する際に考慮すべきポイント

副業自体が本業と親和性があるかということ

本業と親和性があるのか、それとも副収入を得るための副業として割り切るのが大事なポイントとなります。
理想としては、本業と親和性があるものを副業として選ぶことがオススメです。
本業と親和性がある副業を選ぶことで、本業でのスキルアップに繋がる可能性もあります。
場合によっては、副業自体が本業になる可能性もありますし、副業をそのまま本業に転換して独立するケースも多くあります。

興味が持てる副業を選択すること


副業を本業にする気持ちがなくても、やってみたい好きなものを副業として選ぶことがオススメです。
本業があるからこそ、副業でチャレンジすることが出来ます。
また好きなこと・チャレンジ出来る副業を選ぶことで、継続することも出来ます。
副業に限らずですが、うまくいっている方・成功している方は小さなことを積み重ねています。

本業に支障が出ないようにすること


前述の通り、小さなことを積み重ねていくという点が大事です。
また、あくまで本業へ悪い影響を出さないことです。
副業の場合は、とにかくすべて自分が主体です。
特に副業で気合が入って睡眠時間を削ってやってしまって、本業に影響が出るケースが一番よくないです。

時間を切り売りするような副業を選ばないこと


副業を選ぶケースで一番もったいないのは時間を切り売りするような副業です。
本業のスキルも伸びずに、誰でもできる仕事を選んでしまうと、無駄に時間だけが過ぎてしまいます。

副業で月5万以上稼ぐための副業とは?


サラリーマンが副業で月5万円を稼ぐ場合には、どんな副業を選べばよいのでしょうか?
スキルや知識をつけることが出来る・スキルや知識を使って稼ぐ副業がおすすめです。
本業で得意なことや長年従事していたスキルを使って、副業で稼ぐことが大事なポイントになってきます。

プログラミング
Webライター
アフィリエイト

上記の副業がおすすめと言えます。

プログラミング

副業で、Web系のエンジニアになることがオススメです。
アプリ系エンジニアでアプリ開発などが出来れば良いですが、高いスキルを要求されます。
Web系のエンジニアであれば、HTML、CSS、WordPressを学ぶことで案件を獲得しやすいです。
特に今では副業初心者向けのプログラミングスクールもあるので、勉強しやすい環境となっています。
TechAcademyのはじめてのプログラミングコースなどがオススメです。
実際に現役エンジニアがメンターとしてサポートしてくれるのが魅力です。

△Webライターがオススメの理由
・ビジネスとしても稼げる可能性が高い
web系のおすすめのポイントは、低リスク・少資金で出来る可能性があるところです。
・隙間時間にいつでもどこでも仕事が出来る

参考記事:今すぐプログラミングで賢く副業してみましょう。

Webライター

Webライターは、企業や個人が持つサイト・メディア上に掲載される記事を書くお仕事です。

△Webライターがオススメの理由
・PCがあれば誰でも始めやすい
・在宅ワークが基本なので、いつでもどこでも仕事が出来る

しかし慣れたり、実績を付けるまでは時給は低いです。
基本的には1文字○円の成果報酬型の収益となります。

参考記事:目指せ副業ライター!サラリーマンこそWEBライティングをすべき理由とは?

具体的な案件の獲得方法とは?

仕事の取り方に関しては、クラウドソーシングサイトなどプラットフォームに登録することが一番早いです。

下記のようなサイトが有名です。
・クラウドワークス


・ココナラ


・ランサーズ

・サグーワークス
ライティング専門のクラウドソーシングサイトです。
外注先として、特定のスキルを持つ人材を探している人たちが多く登録しています。
こういったプラットフォームから仕事を取ることが出来れば、月5万円以上副業として稼ぐことも可能です。
また、発注先から信頼を得られれば、安定的に仕事を得ることも出来ます。

アフィリエイト

アフィリエイトは、自分のブログを立ち上げる→ユーザーからのアクセスを集める→訪問したユーザーに商品を紹介して購入もしくはサービス利用してもらう
という流れとなります。
ちなみにNPO法人アフィリエイトマーケティング協会が実施した調査では、アフィリエイトで月5万以上稼いでいる人は26.5%とされています。
またアフィリエイトは収益化まで約半年から1年間かかると言われています。
だからこそ、稼げる前にやめてしまう方が多いです。
しかし安定的に稼げている人は月5万で止まらずに月数十万稼いでいる人もいます。

△アフィリエイトがオススメの理由
・コストがほとんどかからない
年間コストは1〜2万円程度なので、始めやすいのがオススメです。

参考記事:0から副業でブログを始める方法

関連記事

  1. 将来の不安を解消する!シニア向けの副業について調べてみました。

  2. サラリーマンが副業を行うリスクについて調べてみた

  3. サラリーマンが副業した方がいい理由とは?

  4. エクセルを使った副業って実際どうなの?

  5. 育休中に副業しても問題ないの?

  6. 未経験でもシナリオライターとして副業が出来る?

  7. 副業でレザークラフト?メリット・デメリット調べてみた。

  8. 自分のスキルを販売できる!副業でタイムチケットを始めてみよう。