webライティングって副業初心者でも簡単に出来るの?

副業が注目されていますが、パソコンを使って隙間時間で出来るものが注目されています。
時間に余裕がない子育て中の主婦や忙しいサラリーマンにも人気となります。
特に、Webライティングは、初心者にもオススメの副業となります。
資格も必要ないので、安定すれば稼ぐことが出来ます。
今回はライティングでの副業について調べていきましょう。

そもそもWebライティングとは?


そもそもWebライティングについて調べてみましょう。
Webライティングとは、「インターネット上にあるウェブサイト上の記事を作る仕事」です。
近年では、多くの企業や個人の方がホームページを所有しています。
多くのユーザーも、スマホやPCを使ってインターネットで検索することがあると思います。
そうしたインターネットに公開されている記事やコンテンツを作成するのが、Webライティングです。
記事やコンテンツを見たユーザーが、その会社のサービスを購入・利用してもらうようにするのが目的です。

Webライティングでの副業がオススメの理由


ここではWebライティングが副業でオススメの理由について調べていきましょう。

時間・場所に影響されない

基本的にPCがあれば仕事を受注することが出来るのが特徴です。
インターネットにつながっていれば、いつでもどこでも仕事をすることが出来ます。
仕事のやり取りもネット完結するケースがほとんどなので、始めやすくなります。
もちろんどこかに出社する必要もないので、面倒な満員電車に乗る必要もありません。

独立・転職に役立つ可能性があります

Webライティングを学ぶことで、独立・転職に役立ちます。
たとえばライティングのスキルを生かして、webマーケティングの会社に就職出来る可能性があります。
また、近年では自社メディアを運用している会社も多いので、そういった企業に就職できるかもしれません。
さらにWebライティングを学び、自分でwebメディアを立ち上げてうまく収益化出来れば独立することも可能です。

専門的な知識が身に付く

前述した通り、Webライターとして活躍することで様々な知識を身に付けることが可能です。

ライティングスキル
SEOの知識
webマーケティング知識
webメディアの知識

初心者でも稼ぎやすい点

Webライティングの良さは、初心者でも稼ぎやすい点です。
アフィリエイトなどは売上を上げるまで時間がかかります。
また、プログラミングやWebデザインなども学習したり、スキルが必要です。
しかしWebライティングなら文章が書ければ、始めることが出来ます。
副業の中で、始めるハードルが低い点がオススメです。
Webライティングの案件は、後述する通りクラウドソーシングのサイトで案件を獲得出来ます。
発注側の企業によっては、マニュアルなどが用意されている場合があります。
またライティングするテーマに関しても、必ず自分が詳しいテーマでないとだめな訳ではありません。
インターネットや書籍などを調べてライティングすることも出来ます。
ライティングするテーマで、実際にインターネットで検索して上位表示されている記事を参考にするのがオススメです。

WebライティングはPCがあれば、割と手軽に始められるのが魅力ですね。

稼げるWebライターになるためには?


稼げるWebライターになるには、下記のスキルが必要になります。

文章を書くスキル
SEOやWebマーケティングに関するスキル
情報収集スキル
コミュニケーションスキル

文章を書くスキル

小説を書くような文章力が必要ではありませんが、最低限誰が読んでもわかりやすく書く文章力は必要です。
ユーザーが読みやすいかという視点に立って、文章を書く必要があります。

SEOやWebマーケティングに関するスキル

文章を書くスキルだけではなく、SEOに関する知識を身に付けることで稼げるWebライターになることが出来ます。
発注者がWebライティングを外注しているのは、googleにおける検索順位を上げたいからです。
SEOやWebマーケティングに関するスキルを身に付けることで重宝されるライターになることが出来ます。

情報収集能力

後述するように、Webライティングを行なっている場合に大変なことは、情報収拾です。
googleなどの検索エンジンを使いこなしたり、該当する書籍を探す必要があります。
情報収集スキルを身に付けることで、報酬アップなどに繋がってきます。

コミュニケーションスキル

WEBライティングで実は大事なのが、コミュニケーションスキルです。
もちろん対面で会って何か一緒にすることは殆どないです。
基本的にはチャットでのやりとりになります。
だから会わないからこそ、初対面でのチャットのやりとりには注意しておきましょう。
関係値が出来ていないのに、顔文字・絵文字などを使ってしまわないようにしましょう。

Webライターの仕事を獲得する方法


webライターの仕事を獲得するには、基本的にクラウドソーシングサイトが一番簡単です。
初心者向けでも始めやすく、多くの案件が掲載されています。
また、基本はネット完結ですべて終わる点も魅力となっています。

ランサーズ:ランサーズとクラウドワークスは最大手のクラウドソーシングサイトとなります。
CrowdWorks(クラウドワークス)
:ランサーズとほぼ同じで、特にこの2つが人気のクラウドソーシングサイトになります。
【サグーワークス】
:ライティングに特化したクラウドソーシングサイトとなっています。
上記のサイトから仕事を探していくことがよいでしょう。
ライティングの仕事に共通していますが、始めは文字単価が安いケースが多いので、注意は必要です。

ライティングの副業を受注する際の注意点


ライティングの副業を受注する際の注意点についてもいくつか調べていきましょう。

文字単価は1円以上を目指しましょう

副業当初は、1円に達していなくてもいいかもしれませんが、基本は文字単価1円以上を目指してください。
当たり前ですが、文字単価0.5円と文字単価1円では同じ文字数を書いても報酬が2倍も変わってきます。
始めはスキルがない・自信がない方は特に安い金額で案件を受注してしまいがちです。
前述の通り、低単価で仕事を受注してしまうと稼ぐことが難しくなってしまいます。

自分の得意分野を定める

案件は得意分野に絞った方がよいでしょう。
もし得意分野がなければ、自分の得意分野を作りましょう。
当たり前ですが、記事を書く際には記事内容に関するリサーチが必要になります。
得意分野があれば、リサーチの時間も短くすることも出来るため記事執筆時間も短縮することが出来ます。
まったく興味のない分野を得意分野にするのは、執筆するのも時間がかかってしまうのでやめておきましょう。

時間確保する

ライティングする時間を確保する必要があります。
月に3万円を稼ぎたい方であればどれくらい時間を確保すればいけないでしょうか?
文字単価1円で仕事を受注していれば30000文字書かなくてはいけません。
1記事3000文字であれば10本納品して、ようやく3万円です。
単純に計算すると、10本納品するためには3日に1本程度記事を書いていかなくてはいけません。
逆算していくと、1日何時間記事を書かなくてはいけないのか?1本あたりどれくらい執筆時間がかかるのか?
を考えなくてはいけません。
月に3万円を稼ぐには簡単には出来ません。
しっかりと時間を確保しなくてはいけません。

実際のWebライティングで苦労する点


実際のWebライティングで苦労する点について調べていきましょう。

画像選び

クライアント次第にはなりますが、記事に合わせた画像を挿入する必要があります。
基本的には、契約している画像サイトからイメージに合う画像を選ぶことになります。
しかしなかなかイメージに合うものを探すのには難しいです。
画像選びが一つのハードルになってきます。

正しい情報を調べる大変さ

記事によって色々な情報を調べなくてはいけません。
たとえば、旅行サイトであれば現地の情報、副業の確定申告であれば確定申告の制度を調べなくてはいけません。
いい加減な情報にならないように、しっかりと情報の精査が必要になります。

まとめ


ライティングを使った副業は、初心者にオススメとなります。
うまく稼いでいる方は、月5万~10万稼いでいる方も多くいらっしゃいます。
特別なスキルや資格も必要がないのも特徴です。
まずは一歩踏み出して副業を始めてみるのがよいでしょう。

関連記事

  1. スマホで出来る副業をランキング形式で調べてみた。

  2. まずは週一からでも副業を始めてみよう!

  3. 副業から起業へ!起業前に副業をしておくべき4つのメリット

  4. 副業で自己アフィリエイト(セルフバック)ってどうなの?

  5. 副業で成果を出すために必要なメンター探しとは?

  6. 失業保険の受給中にアルバイトや副業はできるの?

  7. 本業以外で収入をプラスしよう!プチ副業について調べてみた。

  8. 副業に人気の採点アルバイトについて調べてみた