副業でフリーランスとして活動するには?

会社員がフリーランスとして活躍できる時代になってきています。
2018年は副業元年と呼ばれており、副業を解禁する企業も増加してきています。
正社員かたわら副業としてフリーランスになって働くのが一般的になっていくのかもしれません。
今回は副業でフリーランスになって働くメリットやデメリット、副業の注意点などを調べていきましょう。

フリーランスとは


そもそもフリーランスとはどんな人を指すのかをご紹介します。
フリーランスとは、会社や組織などに所属せず、自由に仕事をする人々の事を指します。
フリーランスとして一般的なのは、ライターやエンジニアなどになります。
近年ではwebマーケターなどもフリーランスとして活躍しています。
個人で仕事をしている人で、自らのスキルで活動している人を呼びます。
中世ヨーロッパで、有力者に仕えた騎士をフリーランスと呼んだ説もあります。

副業フリーランスとして活動する前に

副業フリーランスとして活動する前にいくつか注意点があります。

副業として動く前に就業規則を必ず確認しましょう


副業でフリーランスとして働き始める前に、就業規則を必ず確認しましょう。
会社が従業員に対して副業を行うことは法律的に禁止することは出来ません。
しかし多くの場合では、会社の就業規則で副業の禁止を規定しています。
会社としては、本業に影響を出してほしくないため就業規則で副業を禁止しています。
もちろん副業を許可している企業もあれば、全面的に禁止している会社もあります。
近年は副業を認める企業も増えてきています。

どんな副業をするかを決める


どんな副業を行うかを決めましょう。
おすすめは、本業に親和性がある副業を選ぶのがおすすめです。
本業での経験やスキルにマッチした副業を選びましょう。
最初は単純な収入アップの目的で行ってもよいかもしれませんが、長続きしません。
副業をやる目的をはっきりさせることが大事です。

個人事業主になるのか?


副業でフリーランスとして活動する際には、個人事業主になるかならないかを考えておく必要があります。
個人事業主になる場合には、開業届を出して確定申告をする必要があります。
個人事業主になると、青色申告で節税のメリットがあったり、赤字を繰り越せるなどが可能となります。

副業フリーランスのメリット

フリーランスとして副業をするメリットが下記になります。

収入がアップする


副業としてフリーランスで活動するメリットは、やはり収入アップです。
本業とは別に売り上げを持つ事で、経済的にも豊かになります。
勤めている会社以上に収入が欲しい方や一時的に収入を増やしたい方にはおすすめです。
副業により増えた分の収入を趣味や投資や貯金に使うことが出来ます。
本業の仕事で月給を2~3万上げるには時間がかかります。
しかし副業の場合だと、比較的収入を上げやすくなっています。

スキルが向上できる


本業とは別に色々な仕事を経験することが出来ます。
そういった中で様々なスキルを身に付けることが出来ます。
今後の出来る仕事の幅が広がってきます。
また、副業で向上したスキルをそのまま本業に転換することも可能となります。
よくも悪くも転職することで、メリット・デメリットが存在します。
しかし副業としてフリーランスとして活動することで、リスクなく自分の力を試すことが出来ます。

独立・起業の準備ができる


将来独立・起業をしたい方からすれば、副業としてフリーランスで働けるのは非常にメリットが大きいです。
本業の収入がある状態で、ある種起業に近い形でフリーランスとして動くことが出来ます。
もちろんそのままうまくいけば、独立・起業することが可能となります。

副業フリーランスのデメリット

フリーランスとしての副業には、下記のようなデメリットがあります。

自己管理できないことがある


副業としてフリーランスで活動することになりますが、あくまで本業があることで副業をすることが出来ます。
本業に支障が出てはいけません。
副業を始めたために体調を崩してしまい、本業の仕事に悪影響が出ることもあります。
今まで以上に体調には気をつけましょう。

確定申告など税金関係が煩雑になる


税金面で注意が必要で、確定申告が必要なケースもあります。
副業でフリーランスで活動する場合には、事業所得が年間20万円を超えた時点で、確定申告をする必要があります。

副業としてフリーランスを始めるには


副業としてフリーランスを始める方法についていくつか調べていきましょう。

クラウドソーシングサイトから案件を獲得する
副業専門のエージェントを利用する
ブログなどを立ち上げて案件を獲得する
今までの人脈や本業での関わりから案件を獲得する

上記のように案件を獲得することが可能です。
一般的に案件を獲得する際に、多いのがクラウドソーシングサービスを利用することです。
クラウドソーシングサービスでは、クラウドワークスなどが有名です。
・クラウドワークス



案件獲得からお客さんとのやり取りや入金まで全てサイト内で完了することが特徴です。
また副業のエージェントサービスを利用する方法もあります。
上記が副業を見つけやすいおすすめの方法です。

実際に副業ではどんな案件があるのか?


副業としての仕事には下記のようなものがあります。

webライター


副業初心者でも始めやすいのが、webライターです。
特に資格も必要なく、誰でも案件を獲得することが出来ます。
特にクラウドソーシングサイトで案件を取りやすくなっています。
誰でも獲得しやすい反面、単価が低いのがネックになります。
文字単価は1円未満のケースもあります。

システムエンジニア


フリーランスとしての副業にはシステムエンジニアも需要があります。
単純なサイトのコーディングなどの案件もあります。
またスマートフォンアプリ開発など、多くの案件があります。
特にIT人材不足なので、今後も需要はなくならないと言えます。

webデザイナー


webデザイナーもフリーランスとしての副業におすすめです。
IllustratorやPhotoshopを活用することができれば、Webサイトのレイアウトやデザインの案件を獲得できます。
システムエンジニアと同様に人材不足の業界になります。

動画編集


動画を編集する仕事も、近年需要が高まっています。
youtubeなどが一般化してきて、気軽に動画を投稿できる時代となっています。
Youtuberなどに限らず、企業などでも動画編集のアウトソース先を探している会社が増えてきています。

まとめ

副業に関しては、どなたでもフリーランスとして活動することができます。
クラウドソーシングサービスに登録して、仕事を探してみるのがよいかもしれません。

関連記事

  1. 儲かる副業・稼ぎやすい副業のポイントとは?

  2. カウンセラーって副業でも出来るの?

  3. 動画編集の副業を本気でやってみた方がいい理由とは?

  4. 実は家庭教師が副業におすすめ!家庭教師の魅力とは?

  5. 自分に合った副業を見つけよう!専業主婦のための副業とは?

  6. 副業初心者はクラウドソーシングサイトで稼ぎましょう。

  7. 家で出来る副業とは?隙間時間で稼ぐ!

  8. ぶっちゃけサラリーマンの副業でウェブライターってどうなの?