週1からでも出来る?Webマーケティングでの副業について調べてみた。

Webディレクター・SEOマーケターであれば、副業しやすいとされています。
特にベンチャーや小さい会社ほどwebマーケティングを求めている会社が多いです。
今回はWebマーケティングで副業について調べてみます。

webマーケターとは

Webマーケティング戦略や施策を実行する職業です。
webマーケィングの人材は需要が高いです。
特に企業の多くは、広告運用やwebメディア運用などに力を入れています。
広告運用やwebメディア運用出来る方は引っ張りだことなっています。
さらにWebマーケティングに関する業務は、基本はリモートで出来るため副業にオススメです。

副業マーケターへの依頼が増える?

企業はより一層コストを削減したいと考えるため、今後副業マーケターへの依頼が増えることが想像されます。
本来なら正社員を採用するところを、コスト削減のため外注するケースが増えてきます。
しかし正社員を雇わなくても、仕事が減る訳ではないので必然的に外注が増えます。
またそもそも景気や会社の状況によって、コストは削減しなくてはいけないケースがあります。
正社員の場合には、そう簡単に解雇なども出来ません。
そういった意味で、副業マーケターへの依頼が増えてくることが想定されます。

Webマーケティングで副業するメリット


Webマーケティングを活用して副業するメリットは、大きく以下の3つがあります。

始めやすい
需要が高い
本業と副業の親和性が高い

が挙げられてます。

副業ハードルが低い

Webマーケティングを活用して副業をすることが始めやすいです。
仕事自体は、リモートで作業しやすいです。わざわざお客様先に行かなくてもzoomなどを使って仕事を行うことが可能です。
僕も副業として受けている案件は、スカイプでのオンラインミーティングだけです
本業で時間を取られてしまう場合でも、時間が確保することが出来れば問題ないです。
完全リモートでできる副業案件も多く募集されているケースがあるので、おすすめです。
たとえば、Webマーケティングのスポットコンサルなども「ビザスク」「ココナラ」などのサイトで販売することが可能です。

需要が高い

優秀なWebマーケターは、数が少ないのでベンチャー界隈では需要が高いです。
ベンチャーの場合だと、まだまだ社内に広告運用やweb集客のノウハウがないケースが多いので、webマーケターが求められています。

本業と副業の親和性が高い

Webマーケターが副業すると、普段経験できないことも経験できます。
そういったものを本業に転換することもできて、本業でも副業でもより稼ぐことができるようになります。
また、今後独立や転職をする際に役立つ可能性もあります。

webマーケティングに必要なスキル


webマーケティングで特に必要なのは下記のようなスキルになります。

広告運用スキル

Web広告運用スキルがある方は需要があります。
リスティング広告(yahooやgoogle)・facebook広告などの知識は必要となります。
実際の管理画面の使い方や実際に広告を回した後のPDCAなどが大事です。
与えられた広告費用の中で、効果を最大化する必要があります。

SNS運用スキル

SNS運用スキルも注目されてきています。
twitterやインスタグラムなどSNSをうまく運用していくことが、集客につながってきます。
各SNSの特性を生かして運用していくことが求められています。

アクセス分析スキル

webへの流入を分析することもwebマーケティングにおいて大事なことになります。
Googleアナリティクスなど解析ツールを使い、問い合わせ増加をするスキルが必要となります。

webマーケティングの副業が難しい理由


副業でwebマーケティングを始めてみたいという方でも、未経験の場合はなかなか難しいです。
最大の理由として、高い成果や結果を求められる点です。
成果が出なそうな人に企業がお金を払うことはありません。
そもそも実績がなければ受注すら出来ません。
副業でwebマーケティングを始める方でも、本業で実績があればおそらく問題はありません。
しかし本業も別の仕事をしているケースはほとんど仕事は取れません。

未経験でもwebマーケティングの副業を行うには?


未経験では案件を受注出来ないので、実績を積みましょう。
高い成果が求められることが未経験でも難しい理由となります。
副業に必要なwebマーケティングの実務経験は3年以上が目安となっていることがあります。
webマーケティングの会社に入社することが一番です。
もちろん未経験不可の会社もあると思いますが、未経験でも雇ってくれる会社もあります。
webマーケティングの会社に入って、知識やスキルを学ぶのが一番です。
副業がOKの会社を探して転職してみるのもよいかもしれません。
TechAcademyやデジハリ・オンラインスクールなどの塾に入ることも一つの選択肢になります。

副業でwebマーケティングスキルを身に付ける方法

会社で経験を積む
副業で副業案件を獲得する
講座でスキルを身につける

webマーケティングで副業案件を獲得するには、だいたい実務経験が3年程度必要とされます。
前述の通り、Webマーケティングの会社に転職することが一番早いと思います。
また、小さいところから、副業案件を獲得していきましょう。
TechAcademyやデジハリ・オンラインスクールなどでスキルを身に付けるのもオススメです。

Webマーケティングの副業はどうやって獲得するの?

知人などからの紹介
クラウドソーシングサービスを利用する
フリーランス・副業向けのエージェントを利用する
アフィリエイトで副業をする
SNSから集客する

知人などからの紹介


知人などから紹介してもらうことが一番早いです。
知人を介していることで、お互いが信用した状態でスタートすることが可能です。
しかし知人から紹介された場合には、単価が安かったり納期が短くなる要求をされることもあります。
雇用契約などの契約回りには注意が必要です。

クラウドソーシングサービスを利用する


特にCrowdWorks(クラウドワークス)
・ランサーズ・ココナラなどのクラウドソーシングサイトを活用するとよいでしょう。
単価は高くはないですが、副業のはじめとしてスタートしやすいです。
特にココナラでは、「〇〇が出来ます」という出品者側が条件を出せるためハードルも低くなっています。

フリーランス・副業向けのエージェントを利用する


クラウドソーシングサイトよりは、条件が厳しいというイメージです。
大半が業務委託で仕事を受注することになります。
コミットが求められるケースが多く、稼働条件が決まっていることが多いです。(週1-2など)
本業での経験がシビアに見られて、実務経験やスキルが求められます。
基本的に未経験では採用されることはほとんどないです。
だいたい週1日から週3日ほどの条件がほとんどです。

特に有名なエージェントサイトは下記です。

プロの副業:
未経験というよりも、キャリアがある方がしっかりと稼ぐようなサイトとなります。
高単価のWebマーケティング案件が多数掲載されています。
シューマツワーカー:週末や平日夜にさくっと副業をしたい方向けです。

プロの副業

週に1回からでも、案件を獲得することが可能です。
未経験者向けというよりも、経験者向けとなっています。
特にWebマーケティングの実務経験3年以上が一つの目安となります。

シューマツワーカー

少し副業をしたい方向けの副業紹介サービスです。
現在は約5000程度の登録者がいると言われています。
週末や平日業務終了後の案件を多く掲載されているので、本業とうまくやりくり出来ます。

ブログで副業をする


直接案件をもらってお金をもらうという訳ではないですが、ブログを開設してアフィリエイトで収入を得られます。
ブログを活用してのアフィリエイトはとにかく根気が必要です。
はじめのうちはほとんど収入はないです。
しかしうまくサイトが育ってくればどんどん収入が増える可能性があります。
Webライターは、単発で収入にはなりますが、自分のサイトに記事が増える訳ではないです。
自分のブログを育てることで、安定的な収入につながってきます。

ブログの始め方

ブログの始め方は簡単です。
まずは、サーバーとドメインを契約して、ワードプレスをインストールするだけです。
ネットで検索すれば、週末の時間を使って簡単に出来ると思います。
ドメインは無難なところでいえば、ムームードメイン─
お名前.com
などを選ぶとよいかもしれません。
ワードプレスをインストールするなら、ロリポップ
のスタンダードプランなどが無難になります。

ブログの始め方はとてもシンプルです。
ブログ立ち上げでは「サーバー」と「ドメイン」ですが、サーバーは年間10,000円程度となります。ドメインは年間数千円程度で使用するが出来ます。
ブログは半年から1年くらい記事更新すると収益化すると言われています。
投資感覚で実験してみるのもよいかもしれません。
ブログにアクセスが集まってきたら、Google Adsenseや成果報酬型のアフィエイトを入れることで収益になります。
Google Adsense広告は単純にクリック型のモデルになります。
成果報酬型のアフィリエイトは、広告をクリックしてもらった上で購入してもらうことで収益につながります。
アフィリエイトは「ASP」というサービスに登録することが必要になります。
広告主とアフィリエイターを繋いでくれるのがASPになります。
ASPとはアフィリエイトサービスプロバイダーのことです。
様々なジャンルの広告が登録されています。
ASPに登録すれば、様々なジャンルの広告をサイトに貼り付けることが出来ます。

代表的なASP会社

A8.net
もしもアフィリエイト

などになります。

参考記事:0から副業でブログを始める方法

SNSから集客する


SNSを運用して、商品を販売出来ます。(noteやコンサルなど)
まずはSNSを地道に運用しなくてはいけません。
フォロワーを多く集めることで、商品を買ってもらえる可能性があります。
商品自体は、自分のコンサルなどでも問題ないですが、noteなどを使うのもオススメです。
今までのスキルをnoteに書いて有料で販売することが出来ます。

webマーケティングを副業にする際の注意点


webマーケティングを副業にする際の注意点についていくつか調べてみましょう。

本業に影響が出ないようにする

本業に影響が出ないようにすることが大事です。
あくまで本業ありきの副業になりますので、案件は調整するようにしましょう。
また、副業に関しては自己管理が大事になるのでそちらも注意が必要です。
副業に時間を使いすぎてしまい、本業に悪影響が出ることもあります。

副業禁止か確認する

会社の就業規則により副業が禁止されているケースがあります。
必ず確認しましょう。
副業禁止なのに、副業を行った場合には罰則が課されることもあります。
どうしても副業を行い場合には、上司や社長に相談してみましょう。

確定申告を行うようにする

サラリーマンで副業をする場合には、確定申告が必要なケースがあります。
副業での収入が20万円以上の場合には、確定申告が必要になります。
確定申告をしないとペナルティなどもあるので、注意が必要です。

まとめ

Webマーケティングを生かして副業をする人が増えてきています。
クラウドソーシングサービスや知人から紹介してもらうなど、案件も獲得しやすくなっています。
地道に案件をこなしていき、信用をつけていきましょう。
その後の転職や独立の際に役立つ可能性もあります。

関連記事

  1. 大企業に勤める人こそ副業をすべき理由とは?

  2. 趣味や得意な事で稼げる時代!オススメの副業について調べてみた。

  3. 将来の不安を解消する!シニア向けの副業について調べてみました。

  4. サラリーマン必見!副業としてコンサルがおすすめな理由

  5. 在宅で出来る副業!データ入力は副業初心者にオススメ?

  6. エクセルを使った副業って実際どうなの?

  7. まずは週一からでも副業を始めてみよう!

  8. 副業のメリット・デメリットとは?今こそ副業を始めるべき。