ランサーズで副業をする際に知っておくべきオススメの仕事。

ネット上で仕事が受注することが『クラウドソーシングサービス』です。
今回は日本最大級であるクラウドソーシングサイトであるランサーズについて調べていきます。
webデザイン・ロゴ制作などデザイン系の案件も多く掲載されており、専門的なスキルを必要とする仕事も掲載されています。
しかしアンケートやレビュー記入・データ入力などの知識がない方でも出来る仕事も多く掲載されています。

ランサーズとは


ランサーズとは、2008年4月に設立された会社となっており、クラウドソーシングサイトを運営しています。
クラウドソーシングとは、企業や個人が不特定多数の方に仕事を発注することを呼びます。
現在ランサーズでは、全277ジャンルの様々な仕事を受発注可能です。
掲載されている仕事の幅はかなり広いです。
アンケート・データ入力といった単純作業から、WEBライティング・サイト制作・デザイン制作などスキルが必要な案件も掲載されています。
仕事の発注側は、直接フリーランスや個人の方に仕事を発注出来ます。
多くのユーザーが登録しているので受注側は、安定的に仕事を受注することも出来る可能性があります。
ランサーズには、フリーランスの方はもちろん副業として活動するサラリーマンや主婦が利用しています。
「ランサーズ」にはメールアドレスさえあれば、簡単に登録することが可能です。
書類審査や仕事に当たっての面談などの選考がありません。

ランサーズを活用するメリット


ランサーズを活用するメリットについて、いくつか調べておきましょう。

スキルがない方でも始めやすい

前述の通り、ランサーズにはスキルがなくて始めやすい案件が多く掲載されています。
データ入力などの簡単なものから、Webライティングなどの案件があります。

請求書の作成不要

業務が完了したら、請求書を発行する必要がありません。
仮払いという制度がありますので、事前に仕事発注者がランサーズに料金を払っています。
業務完了後に、ランサーズから料金を受け取ることが出来るので報酬の未回収がありません。
請求書発行などの事務作業に追われず、仕事内容に集中できるのもメリットになります。

案件を獲得しやすい

もちろんライバルは多いものの、案件は獲得しやすいです。
アンケート回答やデータ入力など比較的簡単なものから、ライティング案件・ホームページ制作など色々な案件があります。
副業初心者でも自分に合った案件を探しやすいです。
100以上の業界・30種類以上の職種の案件が掲載されていると言われており、参入障壁が低い案件も多いです。

ランサーズを活用するデメリット


ランサーズを活用するデメリットは下記になります。

案件によって稼げないことがある

ランサーズに限らずですが、ほとんどのクラウドソーシングサービスでは、簡単な案件にはたくさんの応募があります。
クラウドソーシングへの仕事を発注する方から、買い叩かれる可能性があります。
安定的に稼げるようになるためには、スキルを身に付ける必要があります。
Web制作・デザイン・プログラミングなどは単価も高くなりやすくオススメです。

もちろんそれ相応に稼げるようになるのは、時間とスキルが必要です。

一部合わないクライアントもいる

ランサーズには、多くの案件が掲載されています。
膨大な量が掲載されている分、悪質なクライアントもいる可能性があります。
極端な値段で案件をお願いしてくるクライアントもいることもあります。
もちろん発注者側のレビューなどの口コミも見ながら、案件を獲得しておきましょう。

ランサーズでおすすめな副業


ランサーズでの仕事内容は、多くあります。
代表的なものとしては、Webライティング・Web制作・デザイン制作・データ入力などがあります。
ランサーズでおすすめな副業をいくつかご紹介致します。
副業で利用出来るものから本業に出来るものまで幅広く案件があります。

初心者にオススメのwebライター


初心者におすすめなのは、webライターです。
オススメの理由としては、特別な知識が必要ないという点です。
文章を書くのが得意な方にはオススメです。(もちろんSEOなどの知識は身についた方が稼ぎやすいです。)
Webライティングは基本的に、文字単価で報酬が決まってきます。
初心者なら大体1文字0.5円~1円が相場です。
また、ランサーズではシステム手数料がかかるので、マッチングの手数料も引かれることも考慮に入れておきましょう。
始めは文字単価も安いですが、実績や得意なテーマを見つけることが出来れば稼ぐことが出来ます。
1文字3円以上など、高単価案件が来ることもあります。
もちろん高単価案件は、他の人も応募する可能性が高いので採用倍率は高いです。

参考記事:目指せ副業ライター!サラリーマンこそWEBライティングをすべき理由とは?

Web制作・デザイン


在宅でできる副業ということで、Web制作・デザインがオススメとなっています。
パソコンさえあれば、自宅で出来るのが魅力です。
お客さんとのやり取りも電話やチャットなどで済む案件も多く掲載されています。
web制作(コーディングも含む)に限らず、バナー作成やロゴデザインなどが多くあります。

参考記事:デザインで副業したい方向け!実際の案件の獲得方法と始め方

データ入力


データ入力は色々なデータをExcelなどに入力する形になります。
オススメの副業に共通していますが、パソコンさえあれば在宅で知識がなくても出来るところが最大の魅力です。
タイピングが得意な方やリサーチやまとめることが好きな方におすすめです。
ランサーズにも多くの案件が紹介されています。

参考記事:副業初心者にオススメ!データ入力のお仕事とは

ランサーズの手数料ってどうなの?


ランサーズへの登録に当たって費用は発生しません。
しかし案件を対応して、報酬が発生した際に『システム手数料』がかかってきます。
また、報酬は受け取る際に、別途振込手数料もかかります。
システム手数料は依頼金額の5%〜20%(税込)になります。

・20万円以上 5%
・10万円以上20万円以下 10%
・10万円以下 20%

基本的には20%になることが多いと思います。
ちなみに振込手数料は、500円かかります。

ランサーズはどんな人におすすめなの?


ランサーズはクラウドソーシングサービスなので、本業にしたい人よりも副業で稼ぎたい人にオススメとなります。
平日夜や土日などを利用して、隙間時間で稼ぎたい人に向いています。
案件の掲載数も多いので、「やってみたい案件・面白そうな案件」を探して始めてみるのはいかがでしょうか?

ランサーズで稼ぐためのコツとは?

ランサーズで稼ぐためのコツについて調べてみましょう。

単価の低い案件で実績づくりをしましょう

ランサーズの初心者向けの案件の中には、低単価のものが多く掲載されています。
しかし、副業初心者の場合は、低単価な案件を行うべきです。
ランサーズで仕事を受注するには、評価や実績が大事になります。
だからこそ、副業初心者は通常の案件を獲得することが難しいです。
どんなに高いスキルを持っていて、発注者に評価されなければ仕事を獲得することが出来ません。
ランサーズなどのクラウドソーシングサイトでは、まず大事なのが実績づくりです。

発注者から信頼されること

ランサーズで継続的に仕事を獲得するには、発注者から信頼されることです。
発注者は、仕事の度に新しい人を探すのではなく、仕事がしやすかった人・評価が高かった人に仕事を発注します。

だからこそ、発注者の信頼を獲得するために

・納品の期限を必ず守ること
・発注者とのコミュニケーションをしっかりと取る
・なるべくレスポンスを早くする

発注者に負荷をかけないような仕事の進め方を心がけましょう。

ランサーズで稼いだら確定申告が必要?

副業で、年間収入が20万円を越すと確定申告が必要になります。
正確に言えば、所得が20万円を越す場合になります。
『収入』は単純な売り上げに対して、『所得』は売り上げから経費を引いた金額になります。
ですから、売り上げが30万円でも、経費が20万であれば確定申告は必要ありません。

参考記事:副業の確定申告のやり方について調べてみた。

まとめ・ランサーズは副業初心者でも始めやすい


今回は、ランサーズでの副業について調べてみました。
ランサーズはクラウドソーシングサイトになるので気軽に始めやすくなっています。
基本的には、ランサーズが間に入って金銭のやり取りはしてくれるので、楽に仕事がしやすいです。
副業を考えている方は、まずは始めてみましょう。

関連記事

  1. 副業を始める前に知っておくべきデメリットや気をつけるべきこと。

  2. まずはサラリーマンは副業で月1万円を目指すべき。

  3. 今の時代こそ週末副業を始めるべき

  4. 副業で収入を得ている場合に気をつけるポイントとは?

  5. 女性にオススメ?モーニングコールの副業について調べてみた。

  6. 2020年以降の副業について調べてみた。 

  7. セミナー講師は、実は副業にオススメ!

  8. 実は20代こそ副業を行うべき理由とは?