副業でwebライターがおすすめな3つの理由

すきま時間を有効活用したいという事で、副業を始める方も増えてきていると思います。
アルバイトのような副業ではなく、パソコンを使って自宅で仕事をする副業も増えてきています。
今回はwebライティングで副業をする方法を調べていきましょう。
特にwebライティングは子育て中の主婦や副業のサラリーマンなどに人気となっています。
webライティングは、特別なスキルが必要ではないため初心者が選びやすい副業となっています。
案件をうまく獲得することが出来れば副業として月5万円を稼ぐことも可能となっています。

Webライターがオススメの理由とは?

Webライターの案件が豊富

スマホが普及し、誰でもいつでもどこでもインターネットにアクセスできる時代です。
だからこそ多くの企業や会社がWebメディアを持っています。
それに合わせてWebメディアに掲載するコンテンツも多くの企業や会社が作成しています。
そういったコンテンツを作成するのがWebライターの仕事です。
自社で全てのコンテンツをカバー出来れば良いですが、難しいこともあるので外注先としてWebライターの仕事の求人も増加しています。

文章がなくなることはない

この先、文章がおそらくなくなることはありません。
新型コロナウイルスの影響もあり、ますます非対面・テキストのコミュニケーションが増えてきます。
今後も企業や個人がメディアを持つ時代は続いていくことが考えられます。
ですからライティングスキルを身につけておくことで活躍出来る場所は増えてくることが想定されます。
SEOスキル・webマーケティング知識・文章を書くスキルなどを稼ぎながら身に付けることも出来ます。

副業でwebライティングをするメリット

webライティングとは、ネットで記事を作成して報酬を得る仕事となっています。
次に副業でwebライティングをするメリットを3つご紹介致します。

時間や場所に縛られないこと


webライティングがオススメの理由としては、いつでもどこでも記事が書けるという点です。
パソコンとインターネット環境があれば誰でも始めることが出来ます。
webライティング以外の単純なアルバイトなどは、確実に収入につながるものの時間が拘束されてしまいます。
平日でも休日でもがっつり副業に時間を使える方も多くはないです。
しかし隙間時間なら副業可能な点が、webライティングの魅力です。
webライターとしてスキルを高めることが出来れば、自分でブログを立ち上げて稼ぐことも可能となります。
またうまく行けば会社を辞めて起業することも出来ます。

PCとネット環境があれば、いつでもどこでも副業が出きますね!

専門的なスキルが身につくこと


webライティングのメリットは、webに関する知識がつくところです。
特に

SEOスキル
webマーケティング知識

が身に付きます。
またwebライティングの知識が付くことで、web系の業界に転職することも可能となります。
特にWebマーケターやweb制作会社のディレクター、webメディアなどの編集者に転職することも可能です。

必要な初期投資が少ない


webライターとしてスタートするには、ほとんど初期投資はありません。
強いて言えばパソコンとネット環境くらいです。

自分のペースで仕事が出来る

後述の通り、案件は自分で獲得したりクラウドソーシングサイトから獲得することになります。
納期はもちろんありますが、基本的に自分のスケジュールに合わせて仕事をすることが可能です。
週末にまとめて記事を書いたり、もちろん平日の仕事終わりにコツコツ書くことも可能です。
出勤・退勤の電車内で記事を書いている人もいます。

ライターとして仕事を取るには?


基本的にwebライターとして仕事を取るには、得意な分野の仕事を受注することが大事となっています。
なぜ得意分野で受注すべきかで言えば、自分が得意な分野で記事を書かなければ長続きしません。
記事を書く際に自分の知識がなければ、1記事を書くのにも調べる時間が長くなり、量産出来ません。
ですから自分の得意分野で仕事を受注するようにしましょう。
そして一番大事なことは、収益化出来るまで諦めないことです。

参考記事:目指せ副業ライター!サラリーマンこそWEBライティングをすべき理由とは?

クラウドソーシングサイトへの登録


クラウドソーシングは、インターネット上で仕事を受注することが出来るプラットフォームになります。
特に日本最大級であるクラウドワークスやランサーズです。
案件は、単にライターを募集しているものや特定のスキルを持つライター限定で募集しているものなどがあります。
当たり前ですが、難しい案件ほど報酬額が高くなります。
(基本的にwebライターの報酬とは文字単価×文字数になります。)

△オススメのクラウドソーシンングサイト
クラウドワークス
日本最大級のクラウドソーシンングサイトとして人気です。Webライターの案件に限らず、多くの案件が掲載されています。

・ランサーズ
クラウドワークスと並んで日本最大級のクラウドソーシンングサイトとなります。

・サグーワークス
ライティング専門のクラウドソーシングサイトです。
直接クライアントとやり取りすることがないのが特徴です。

自分のブログから受注すること


webライターで活動当初は案件を取ることが難しいかもしれません。
そういった場合は、自分のサイトを作ってそこから案件を取ることも可能かもしれません。
日常的に記事をアップしていれば、仕事も取れる可能性があります。
仕事の発注サイドは、ライターの人間性やどんな仕事をしてきたなど情報が欲しいケースがあります。

Webライターって実際どれくらい稼げるの?

Webライターは基本的には1文字○円という形の成果報酬制となります。
副業初心者の場合には、1文字0.5円-1円程度からスタートすることになります。
ですからどれくらいライティングの時間を取れるかによって、どれくらい稼げるか変わってきます。
初めは2.3万円を目指すのが良いかもしれません。
副業初心者から抜け出すために、実績や高いスキルを身につけて単価アップすることが出来ます。

・SEOの知識
・セールスライティングスキル
・文章力
・企画力

単価アップのために、こういったスキルを身につける必要があります。

まとめ

サラリーマンはもちろん主婦など様々な人にオススメです。
ハードルも低く、始めやすい副業となります。
また世の中から「文章」がなくなることはないので、今後も必要になってくる仕事になります。
様々なスキルを身に付けることが出来るのも、副業ライターの魅力となります。
まずは、webライターを始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 副業で営業フリーランスってどうなの?

  2. 1日10分の隙間時間を活用しよう!モッピーを活用した副業。

  3. コロナの時代に稼げる副業の見つけ方とは?

  4. サラリーマンが副業セミナーに参加すべき理由とは?

  5. ネーミングで稼ぐ方法!実は副業で出来ます。

  6. サグーワークスに登録して、副業デビューしよう!

  7. 業務委託で副業を行うのって実際どうなの?

  8. 副業で稼ぎたい人にオススメについて調べてみた。