目指せ副業ライター!サラリーマンこそWEBライティングをすべき理由とは?

Webライターとして収入を増やしたい人も多いと思います。
【Webライターとしてどうやって副業をすればいいの?】
【副業として月々の収入を増やしたい】
そういったサラリーマン向けに今回はWEBライターの副業について調べてみます。

実際にWEBライターの副業でどうなんですか?
スキルが身につく副業で言えば、TOPクラスにオススメですかね。

Webライターの副業が選ばれる理由とは?


Webライターの副業が選ばれる理由はなんと言っても、ライターの仕事が多いからです。
企業で注目されている集客手法に、オウンドメディアと呼ばれる手法があります。
簡単に言えば、企業がブログやメディアを作成して、記事を量産して集客を目指す方法です。
自社で全て記事を賄うことが出来れば良いのですが、そうゆう訳にも行かずに外注のWebライターに仕事が回ってきます。
多くの企業がこぞって、Webライターに依頼して記事をアップしているのが現状です。
だからこそ、Webライターの副業が選ばれています。

WEBライターにオススメな人

WEBライターは、副業初心者でも始めやすくなっています。

子育てや炊事・洗濯が忙しい主婦の方
忙しいサラリーマン
ブログのライティングを学びたい方

などの方々にオススメとなります。

Webライターになるメリット


Webライターは多くのメリットがあります。

スキルを身に付けることが出来ること
時間・場所に縛られないこと
転職・独立に繋がること

スキルを身に付けることが出来ること

Webライティングスキルは資産になります。
ライティングスキルはもちろんですが、分かりやすく文章にして伝える知識も身につきます。
また、WEBマーケティングに関する知識も学ぶことが出来ます。
多くの案件をこなすことで、WEBライティングのスキルが向上していきます。
分かりやすく文章にして伝えることが苦手な方が多いと思います。
しかしライティングを続けることでそういったスキルを身に付けることが出来ます。

時間・場所に縛られないこと

Webライターの仕事は、いつでもどこでも時間・場所に縛られずに仕事が可能です。
基本は在宅での作業になるので、自宅やカフェなどで仕事が可能です。
もちろん出勤時間も不要なので、通勤時間からのストレスからも解放されます。

転職・独立に繋がること

Webライターとしてライティングスキルを身に付けると、転職や独立に繋がってきます。
多いのが、WEBライターのスキルを活かして、WEBマーケティングの会社に転職することです。
もしくは、多くの企業がWEBメディアを持っている時代です。
そういったWEBメディアも持っている会社に転職が可能となります。
また転職に限らず、独立することも出来ます。

副業の中でも将来に繋がりやすい副業ですよね!

WEBライターのデメリットとは?


完全な成果報酬の点が、デメリットになります。
記事を納品しない限り、収入になりません。
また、実績がないうちは、単価も安くなりがちな点もデメリットになります。

Webライターに必要なスキルとは?


Webライターに必要なスキルは下記のようなスキルだと思います。

文章を書くスキル
コミュニケーションスキル

文章を書くスキル

ライターなので、文章を書くスキルは当たり前に身につけておきましょう。
小説家になれという訳ではないの、最低限の文章を書くスキルを身につけましょう。
また文章を書く時は、型があるとわかりやすいと言われています。
そういった型なども学んでおきましょう。

コミュニケーションスキル

意外と軽視されるのが、コミュニケーションスキルです。
当たり前ですが、Webライターの仕事をいただけるのは企業からです。
お互い気持ちよく仕事をするためには、コミュニケーションが必要です。
特にWebライターは在宅での副業になるので、やり取りはオンラインです。
顔が見えないからこそ、丁寧なコミュニケーションが大事です。

Webライターとして案件獲得方法とは?

クラウドソーシングサイトから獲得する
知り合いから獲得する
直接企業に営業する
SNSやブログなどで獲得する

クラウドソーシングサイトから獲得する

クラウドソーシングサイトから獲得するのが、一番簡単です。
下記のクラウドソーシングサイトがオススメです。

ランサーズ:クラウドワークスと同様に日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークス:ランサーズと同様に日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

サグーワークス:ライティング専門のクラウドソーシングサイトとなります。審査があるものの、単価が高いものも掲載されています。

実績が0件だと応募しても案件を獲得できないこともあります。
最初は単価が安くても案件をどんどん獲得しにいったほうが良いかもしれません。
どんどん実績を上げることで、単価も上げることや多くの案件も獲得可能となります。

案件が多く掲載されているので、うまくいけば案件もたくさん取れます。
あと実は、ランサーズは、2019年12月16日に上場しているんですよ。今後も伸びる市場かなと思いますね。

知り合いから獲得する

知り合いや知人から案件を獲得するのも、一つの方法です。
知り合いがWEBメディアを運営していたりする場合に案件を紹介してもらうと良いでしょう。
しかし知り合いから仕事を獲得する場合には、単価が安くなりがちであったり、契約内容が不透明なこともあります。
上記の点は踏まえて、案件を獲得しましょう。

直接企業に営業する

インターネット上で公開されているWEBメディアではライターを募集していることもあります。
思い切って応募してみるのもよいでしょう。

SNSやブログなどで獲得する

すぐには案件を獲得することは難しいかもしれませんが、SNSやブログで情報発信する事がオススメです。
特に記事を書く以外でも、文字を書く事でライティングのスキル向上にも繋がってきます。

WEBライターってどれくらい稼げるの?


初心者だと月に数万円から5万円くらいが平均になってくると思います。
もちろん経験値や副業に使える時間やどれくらい案件を獲得出来るかによってきます。
Webライターは文字単価で収入を増やすことが出来るので、副業に使う時間を増やすことで収入は増えます。
また記事作成にどれくらい時間がかかるかで、時給などの計算が出来ることになります。

記事作成ってどれくらい時間かかるの?


どのくらい記事作成時間がかかるのでしょうか?
もちろん経験値やその人のスキルなどに依存すると思います。
だいたい1000文字-1500文字程度の記事が1時間程度を一つの目安にすると良いかと思います。
記事作成の時間を考えて、どれくらい稼げるか?どれくらい稼ぎたいか?を決めておきましょう。

副業ライターをする場合の注意点とは?


副業ライターをする場合の注意点は下記になります。

文字単価に注意が必要
文字数を意識しすぎないこと

文字単価に注意が必要

初めのうちは、文字単価が安いものを受けてもよいかもしれません。
しかし、ずっと文字単価が安い1文字1円以下の案件を取り続けてもずっと時給も上がらず辛くなっていきます。
文字単価の安い案件を獲得するには、実績を作るためと割り切って行いましょう。
実績を積んだら、単価の高い案件を獲得しに行きましょう。

文字数を意識しすぎないこと

文字数を意識しすぎないことが大事です。
基本的にライターの報酬は、文字数で決まります。
当たり前ですが、文字数を増やすことで収入が増えてきます。
しかし、文字数だけに囚われていると、本質を見失うことがあります。
無駄に文字数を増やしてしまい、結果記事のクオリティが落ちてしまうこともあります。
蛇足が多くユーザーに伝わらない記事になってしまうこともあります。

文字数よりも、ユーザーに良質な情報を届けることが大事ですね。

副業ライターの確定申告はどうする?


副業ライターで稼いだ場合には、確定申告の必要があります。
副業ライターの収入が20万円以上の場合は確定申告をしなくてはいけません。
しかし、単純な収入ではなく、売上から経費を引いた金額が対象です。
副業ライターとして、売り上げが30万円あったとしても、経費で15万円かかっているなら、所得は15万円となります。
この場合には、確定申告は必要ありません。
計上出来る経費は、勉強のための書籍やセミナー参加費用や交通費などがあります。
確定申告で困った事があった場合には、税理士に相談するのも良いでしょう。

まとめ

Webライターという副業は、副業初心者にも始めやすい仕事になります。
最初は、単価が安く思うように稼ぐことはできないかもしれません。
しかし実績を積んでいくことで、単価アップも実現できます。
Webライターとして実績を積んでいくことで、将来の独立や転職に繋がってきます。

関連記事

  1. 副業でも屋号は付けられるの?開業届と屋号の関係とは。

  2. サラリーマンが業務委託で副業を始めるメリット・デメリットとは?

  3. 副業をする際には必ず就業規則を確認しましょう。

  4. 有料noteで稼げる?副業初心者におすすめのnoteとは?

  5. 副業に資格って必要なの?サラリーマンにおすすめの資格とは

  6. 在宅で出来る副業!データ入力は副業初心者にオススメ?

  7. サラリーマンにオススメの副業ランキングについて調べてみた。

  8. 夫婦で副業を行うメリットとは?