実は副業の方が多い?コールセンターの副業について調べてみた。

本業の以外に収入を増やすという意味で、副業を行う方が増えてきています。
今回は、コールセンターの副業について調べてみましょう。
本業が別にあって、副業としてオペレーターを行う方も増えてきているとされています。
今回は、副業としてコールセンターがおすすめな理由などについて調べていきます。

コールセンターってどんな人が働いているの?


コールセンターでは色々な方が働いています。

理解力がある方や話すのが好きな方
幅広い年代に人気
副業の方も活躍

コールセンター業務は、基本は電話での仕事になります。
注文を受けることや場合によってはクレーム対応をするケースもあります。
顔が見えない中、お客さんの話を正確に聞き取り話が出来る必要があります。
また幅広い年齢に人気で、若い方から50代の方までいます。
シフトの自由度が高いことが要因と言えます。
短時間勤務や週1日からの勤務が可能な点で副業の方に人気と言えます。

コールセンターで働くメリット


コールセンターで働くメリットは下記になります。

シフトの融通が効く
コミュニケーション力が身に付く

前述の通り、シフトが組みやすいのがメリットです。
コールセンターは登録者数も多いので、週1など短時間などの方も多く在籍しています。
そういった方向けに、シフトが細かく設定されているケースがあります。
また色々な方と触れ合うことになるので、コミュニケーション力が身につきます。
特に顔を見えない中でコミュニケーションをすることになるので、対面よりも対応が難しいです。

コールセンターで副業するときの注意点


副業として働きやすいコールセンターですが、下記のような注意点については考えておきましょう。

本業に影響が出ないようにする
時間管理には気をつける

本業以外に副業として働く場合には、働きすぎてしまうことがあります。
平日はフルで本業で働き、土日はコールセンターで働くと週7日稼働することになります。
自分の体調と相談して働かなくてはいけません。
特に時間管理は徹底しましょう。

副業でコールセンターの仕事をするには?


コールセンターの仕事は、求人サイトなどから探すのが一般的です。
Wワーク、週1回OK、在宅、シフト制、副業OKなどで検索すると良いでしょう。
面接を受けて、採用されたら研修を行います。
その後シフトを提出して、仕事に移ることになります。

まとめ

副業としてのコールセンターは、働きやすいのが特徴です。
在宅で出来ますし、シフト制なのがメリットです。
しかしもちろん大事なのは、本業に迷惑をかけない点です。

関連記事

  1. マーケティングスキルで副業出来るって本当?

  2. 自分に合った副業探し!簡単に始めることが出来るオススメ副業

  3. 副業解禁で若者こそ副業を始めるべき?

  4. 育休中に副業しても問題ないの?

  5. 副業でレザークラフト?メリット・デメリット調べてみた。

  6. ナレーションは副業でもできる?仕事の見つけ方について調べてみた。

  7. サラリーマン・会社員が、副業で個人事業主になる方法とは?

  8. 目指せ副業ライター!サラリーマンこそWEBライティングをすべき理由とは…