実は副業の方が多い?コールセンターの副業について調べてみた。

本業の以外に収入を増やすという意味で、副業を行う方が増えてきています。
今回は、コールセンターの副業について調べてみましょう。
本業が別にあって、副業としてオペレーターを行う方も増えてきているとされています。
今回は、副業としてコールセンターがおすすめな理由などについて調べていきます。

コールセンターってどんな人が働いているの?


コールセンターでは色々な方が働いています。

理解力がある方や話すのが好きな方
幅広い年代に人気
副業の方も活躍

理解力がある方や話すのが好きな方

コールセンター業務は、基本は電話での仕事になります。
注文を受けることや場合によってはクレーム対応をするケースもあります。
顔が見えない中、お客さんの話を正確に聞き取り話が出来る必要があります。
そもそもコールセンター業務は、『発信業務』と『受信業務』に分かれてきます。
発信業務は営業に近い形となります。
相手の興味を引くように、話を聞いてもらえるような営業のスキルが必要になってきます。

幅広い年代に人気

幅広い年齢にコールセンター業務は人気となります。
若い方から50代の方まで多数在籍しています。
最も多く働いている世代は20代ですが、50代以上でもコールセンターで働く人もいます。
後述の通り、24時間対応のコールセンターも増えているため、働きやすいのが人気の理由です。

副業の方も活躍

短時間勤務や週1日からの勤務が可能な点で副業の方に人気と言えます。

コールセンターで働くメリット


コールセンターで働くメリットは下記になります。

シフトの融通が効く
コミュニケーション力が身に付く

シフトの融通が効く

前述の通り、シフトが組みやすいのがメリットです。
コールセンターは登録者数も多いので、週1など短時間などの方も多く在籍しています。
そういった方向けに、シフトが細かく設定されているケースがあります。
コールセンターの中には24時間稼働しているところも多くあります。
稼働時間が長いため、シフトに入れる可能性が高いです。
本業で忙しい方でも、時間を有効に使えるので副業で働きやすいです。
短時間勤務や週1日勤務なども可能となります。

コミュニケーション力が身に付く

また色々な方と触れ合うことになるので、コミュニケーション力が身につきます。
特に顔を見えない中でコミュニケーションをすることになるので、対面よりも対応が難しいです。
様々なお客さんと対応する必要があります。
電話で相手のご要望に、臨機応変対応する必要があります。

コールセンターで副業するときの注意点


副業として働きやすいコールセンターですが、下記のような注意点については考えておきましょう。

本業に影響が出ないようにする

本業に影響が出ないようにする

本業以外に副業として働く場合には、働きすぎてしまうことがあります。
平日はフルで本業で働き、土日はコールセンターで働くと週7日稼働することになります。
自分の体調と相談して働かなくてはいけません。
時間管理は徹底しましょう。

副業でコールセンターの仕事をするには?


コールセンターの仕事は、求人サイトなどから探すのが一般的です。
Wワーク、週1回OK、在宅、シフト制、副業OKなどで検索すると良いでしょう。
面接を受けて、採用されたら研修を行います。
その後シフトを提出して、仕事に移ることになります。

まとめ

今回は、コールセンターの副業について調べてみました。
コールセンターは、24時間稼働しているところもあるので、シフトに入りやすいので副業として注目されています。
副業としてのコールセンターは、働きやすいのが特徴です。
コールセンターで働いた事がある方や在宅で副業したい方は挑戦してみると良いかもしれません。
しかしもちろん大事なのは、本業に悪影響を与えないように気を付けましょう。

関連記事

  1. 30代でも遅くない!副業の始め方について調べてみた。

  2. 男性におすすめの副業ランキングについて調べてみた

  3. 林先生の初耳学!10日間で一番稼げる内職ランキングについて調べてみた。…

  4. 今すぐ始められるメルカリでの副業について調べてみた

  5. 副業をしていると年末調整ってどうなるの?

  6. 副業から起業へ!起業前に副業をしておくべき4つのメリット

  7. パソコンを使ったオススメの副業とは?自分のスキルや得意なことを生かそう…

  8. 今の時代こそ週末副業を始めるべき