大企業に勤める人こそ副業をすべき理由とは?

働き方改革で副業解禁された結果、どうなのでしょうか?
どれくらいの企業が副業を認めているのでしょうか?
また、大企業も副業解禁をする会社が徐々に登場しています。
今回は、大企業の副業解禁について調べていきましょう。

副業解禁のきっかけとは?


モデル就業規則の変更が大きなポイントでした。
従来の就業規則は、副業・兼業の規定で他の会社に従事しないとされていました。
しかしモデル就業規則では、副業・兼業の規定が新規追加されました。

なぜ副業が解禁されたのか?


副業が解禁された理由はなんでしょうか?
企業側としては下記のようなメリットがあります。

従業員が副業でスキルアップ出来る
従業員満足度が上がり、離職防止につながる

従業員が副業を行うことで、スキルアップ出来ます。
自社で費用を負担せずとも従業員のスキルアップに繋がってきます。
また本業である程度の収入を得た上で、副業ではスキルアップや本当にやりたいことに挑戦することが出来ます。
そうなることで、従業員の満足度も上がり離職防止につながります。

副業解禁の従業員側のメリット


次に会社員側が副業解禁のメリットについて調べてみましょう。

収入が増える
スキルアップが出来る
独立・転職に役立つ

一番大きなメリットとしては、収入が増えることです。
特に月に数万円収入が増えることで、生活が変わってきます。
また、本業に近い副業を行うことでスキルアップに繋がります。
そして、スキルアップが出来ることで、スキルを活かして独立・転職に繋がります。

副業解禁の従業員側のデメリット


次にサラリーマンが副業をするデメリットは下記になります。

本業への悪影響が出る可能性がある
確定申告が必要なケースがある

本業に悪影響が出ることがあります。
副業に時間を使いすぎてしまい、本業に悪影響が出てしまうこともあります。
また、事業収入が20万以上出る場合には確定申告をしなくてはいけません。

副業解禁をしている大企業一覧

副業解禁している企業は調べていきましょう。

DeNA
NTTデータ
NTTドコモ
エンファクトリー
オイシックス
サイボウズ
ソフトバンクグループ
パソナグループ
花王
丸紅

上記に掲載した企業は一部ですが、今後も大企業でも副業を解禁する企業が増えてくると思います。

大企業ならではの副業の働き方


意外に大手企業が副業解禁しています。
こういった状況の中で賢い働き方は、大手のサラリーマン+事業型の副業です。
こういう時代背景であれば、一番賢い副業の仕方は、大手のサラリーマン+事業型の副業という働き方でしょう。
大手のサラリーマンは年収も比較的高く、福利厚生も充実していると思います。
安定的な収入は本業で獲得して、事業型の副業を行いさらに収入を増やしていきましょう。
事業型の副業と呼んでいるのは、通常のアルバイトのようなものではありません。
投資やアフィリエイトなどのような資産型の副業をさします。

今後の大企業の副業とは?


働き方改革も推進され、就業規則のモデル規則も変化してきています。
ますます大企業のサラリーマンが副業を行うことが増えてくることが想像されます。
特に副業解禁のメリットは、企業側や従業員側にも多くあります。
サラリーマン+副業で安定的に稼ぐことを目指していきましょう。

関連記事

  1. サグーワークスに登録して、副業デビューしよう!

  2. サラリーマンこそ今、休日に副業をすべき

  3. サラリーマンにオススメの副業ランキングについて調べてみた。

  4. 家で出来る副業とは?隙間時間で稼ぐ!

  5. 日給1万オーバー?引越しの副業ってどうなの?

  6. 副業すると個人事業主になるの?個人事業主のメリットとは?

  7. 転売の副業ってどうなの?メリット・デメリットについて調べてみた。

  8. 副業が会社にバレるパターンとは?