儲かる副業・稼ぎやすい副業のポイントとは?

副業が解禁されて副業を始める人が増えています。
もちろん副業を始めた人が全員儲かっている訳ではありません。
副業を始める際には、
稼げる副業
簡単な副業
1日◯分月◯万円稼げる

などの謳い文句を聞いたことがあるかもしれません。
こういったものは基本的には信じない方が良いです。
そう簡単に稼げないのが副業です。
今回は、儲かる副業・稼ぎやすい副業について調べてみましょう。

儲かる副業・稼ぎやすい副業のポイントとは?


儲かる副業・稼ぎやすい副業のポイントについていくつか調べていきましょう。

初期費用がかからない副業を選ぶこと

初期費用がかからない副業を選ぶことが大事です。
仮に初期費用が大きくかかる副業を選んで、利益が出たところでまずは初期費用分の回収が必要になります。
さらに初期費用がかかった上で、副業で失敗した場合には大きなリスクになります。
副業を始めてうまくいけばいいですが、失敗する場合や継続できない場合もあります。
予算がかからない副業を選びましょう。

在庫を抱えない副業を選びこと

在庫を抱えない副業を選ぶことがオススメです。
副業で在庫を抱えるビジネスを選ぶことは大きなリスクです。
在庫を抱えることで、管理の必要があります。
そして管理のコストがかかってきますので、なるべく在庫のない副業を選びましょう。

利益率が高い副業を選ぶこと


利益を出すことが全てではありませんが、なるべく利益率の高い副業を選ぶことが大事です。
副業の場合は、本業に比べたら使える時間も少ないです。
だからこそ、利益率の高いビジネスを選びましょう。
副業で頑張ったものの、数千円しか稼げないという結果に終わってしまうと継続する事も難しいです。

労働集約な副業を選ばないこと

労働集約な副業はオススメしません。
飲食店のアルバイトなどの副業です。
短期的に収入を増やしたい場合には問題ないかもしれません。
しかし、長く継続することは難しいです。
最初は稼ぎにくくても、後々リターンが大きい副業を選びましょう。
目先の売り上げに拘らないようにしましょう。

トレンドに乗る副業を選びこと

どんなビジネスでも流行や廃れはあります。
できる限り時代の波に乗っているビジネスを選ぶことが必要です。
当たり前ですが、どのビジネスであっても、先行者利益はあります。
早く始めるに越したことはありません。
「今から始めても数年後には儲かっていない」と考えるのではなく、早いうちに稼いでおくという考え方が大事です。
2020年は5Gの時代と言われているので、今は動画需要が大きく存在しています。
こういったトレンドに乗ることが大事になります。

楽して儲かる副業など存在しない


「楽して稼げる」
「誰でも稼げる」
「スキルや経験なくても稼げる」
こういって謳っている副業はほとんどが嘘です。
本当に誰でも簡単に稼げるなら、すでにみんな稼いでいます。
しっかりと考えて副業を選ぶ必要があります。

儲かる副業・稼ぎやすい副業の特徴とは?

ストックの副業
不労所得になる副業
トレンドに乗っている副業

ストックの副業

ストック型の副業を選ぶことで、レバレッジが効いて稼ぐことができます。
コンテンツ販売やブログのアフィエイトなどが該当します。

コンテンツ販売

コンテンツ販売とは、自分が持つスキル・知識をまとめて販売する副業です。
自分が持つスキル・知識を売るときはコンテンツ販売のプラットフォームを活用する事がオススメです。
コンテンツ販売のプラットフォーム上で、決済やサービス提供も簡単に出来るのが魅力です。
コンテンツ販売のプラットフォームは、noteが人気です。
記事などのコンテンツはもちろん音楽・動画なども販売する事が出来ます。

アフィリエイト


レバレッジが効く副業であることは、もちろん

「初期費用が少ない」
「低リスクで副業を開始出来る」
この2つがアフィリエイトの魅力です。

△「初期費用が少ない」
アフィリエイトを始めるには、自分でブログを立ち上げることになります。
ドメイン・サーバー代 年間数万円があれば簡単に始める事が可能です。

△「低リスクで副業を開始出来る」
アフィリエイトはPCとインターネット環境さえあれば始めることが出来ます。
気軽に低リスクで副業が出来るので、オススメです。
アフィリエイトで稼ぐための広告の素材を提供するASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)も基本は無料で利用できます。

関連記事:0から副業でブログを始める方法

不労所得になる副業

不労所得になる副業もオススメです。
しかし元手がない難しいケースがほとんどなので、注意が必要です。
さらにリスクもあるので、しっかりと考えてから始めましょう。
不動産投資やFXなどが該当します。

不動産投資

副業として不動産投資を行う事で家賃収入で稼ぐことも出来るかもしれません。
購入後も、基本的には不動産会社に管理を委託する事ができるのもメリットの一つです。
もちろんリスクがない訳ではありません。
減価償却費・修繕積立金など毎月諸経費がかかってきます。
またそもそも入居者が入らなければ、収入がなく経費だけが増えてきます。
メリット・デメリットを考えて選びましょう。

FX

2ヶ国の通貨を交換すること、差額分等で儲けるのがFXです。
メリットしては、レベレッジと呼ばれる手元にある資金以上の金額を投資出来る点です。
手元に10万円しか持っていないのに、100万円分の投資が可能です。
FXの魅力はレバレッジをかけられることですが、しかしその反面リスクも10倍です。
元本割れをして、100万円分のドルを購入したものの、1ドル=90円に値下がりしたので、売却したとします。
その場合は、返ってくる金額は90万円です。つまり為替変動によって元本割れをするリスクもあります。

トレンドに乗っている副業

前述した動画編集などが該当します。
また、Webライターやweb制作なども需要が高いためオススメです。
スキル次第で稼ぐことが可能です。

Webライター

Webライターも副業にオススメです。
企業や個人が運営するWebメディアに記事を書く仕事です。
今では企業・個人に限らず様々な分野のメディアがあります。
企業・個人の多くが、Webメディアを持つ時代になったからこそWebライターの需要が増加しています。
案件自体も、クラウドソーシングを活用して獲得しやすいのがメリットです。
さらにライター未経験でも比較的仕事も取りやすいです。

参考記事:目指せ副業ライター!サラリーマンこそWEBライティングをすべき理由とは?

まとめ

儲かる副業を始める前に、さまざまな副業の特徴などを調べる必要があります。
選ぶ副業の種類によっては、リスクも存在します。
また、簡単に稼いだり儲けることが出来ないのが副業です。

関連記事

  1. 副業を法人化するメリット・デメリットとは?

  2. 楽しく継続できる副業を始めましょう。

  3. 写真販売で副業デビューしよう!好きを副業に!

  4. 実は家庭教師が副業におすすめ!家庭教師の魅力とは?

  5. 手軽に出来る副業について調べてみた。

  6. スキルを生かして副業でストアカ講師になろう!

  7. 副業をしていると年末調整ってどうなるの?

  8. 副業の3分類とは!副業の種類について調べてみた。