副業の始め方!副業の種類について調べてみた。

「働き方改革」の影響で、副業を解禁する企業も増えてきています。
そして収入を増やすために、副業を行う方も増えてきました。
しかし副業を行う際には、実際何から始めていけばよいのでしょうか?
今回は副業のメリット・種類・始め方について調べてみましょう。

副業のメリットとは?


副業のメリットについて調べていきましょう。

収入を増やせる

副業を始めるメリットは、収入を増やすことが出来る点です。
自分の隙間時間で稼ぐことが出来ます。
2021年現在では、新型コロナウイルスの影響で本業での収入が減ってしまった人もいるかもしれません。
そうしたリスクヘッジのために副業を行い、稼ぐことで安心できる人も多いでしょう。

スキルアップが出来る

本業以外で仕事をすることでスキルアップすることが出来ます。
副業を選ぶ際に、本業では経験出来ないことを出来る可能性があります。
本業で活かせる仕事や新しいスキルを身に付ける副業を選びましょう。
基本的には労働集約のような副業はオススメしないので、出来ればスキルを磨くことができる副業を選びましょう。

転職や独立をすることが出来る可能性がある

転職や独立を見据えて副業を行うことが出来ます。
スキルが身に付く副業であれば、そのスキルを活かして転職・独立が可能です。
たとえばアフィリエイトの副業を行う場合に、安定的に稼ぐためにはwebマーケティングの知識が必要になります。
さらにwebマーケティングの知識を身に付けることで、web系の会社に転職することも可能です。
もしかしたらwebの知識を活かして独立することも可能かもしれません。

スキルアップが一番の副業のメリットかもしれませんね。

自宅での隙間時間を有効活用できる

2021年現在では、新型コロナウイルスの影響で在宅ワークの会社が増えています。
出勤時間がなくなった分、隙間時間を有効活用出来る可能性が高いです。
浮いた時間で、副業を行いスキルアップや収入を増やすことが出来ます。
仕事前の朝の時間・平日仕事終わり・土日の時間を活用して、副業を始めてみましょう。

副業のデメリットとは?


それでは副業のデメリットについて調べていきましょう。

労働時間が長くなる

本業以外の時間で仕事をすることになるので、労働時間が長くなることがデメリットです。
よくあるケースで言えば、副業で過剰労働をした結果、体調を崩すことがあります。
しっかりとした時間管理が大事なポイントになります。

本業に悪影響が出る

副業に意識が向きすぎてしまい、本業がおろそかになることがあります。
本業でミスをしてしまうことも多いです。
オススメをしていない副業としては、アルバイトのような副業です。
平日業務終了後に、コンビニなどの夜間のアルバイトを行なって、本業の始業に間に合わないなど悪影響が出る可能性があります。
自分の使える時間はしっかりと本業・副業を調整し、本業に支障が出ないようにしましょう。

副業の種類


副業の種類について詳しく調べていきましょう。
副業と言っても業務内容や形態が分かれてきます。

成果報酬型の副業
時間の切り売り型副業
投資型副業

成果報酬型の副業

自分の得意なことやスキルを活かす成果報酬型の副業となります。
得意なことやスキルをうまく使えば高収入の副業につながる可能性があります。
アフィリエイト・Webライティング・web制作・webデザインなどが例です。
特に成果報酬型の副業は在宅で出来ることがほとんどです。
隙間時間で案件をこなすことが出来る点がオススメです。
クラウドソーシングサイトやスキルシェアサービスを活用するケースが多いです。

アフィリエイト

アフィリエイトは、自分のブログにユーザーを集めることで稼ぐことが出来ます。
ユーザーが広告をクリックもしくはサービス利用することで収益になります。
しかしアフィリエイトは副業収入を稼ぐことがなかなか難しいです。
半年から1年間程度収益化までかかるとされています。
約3割以上の方が、アフィリエイトで稼げていないとも言われています。
稼げるまで継続できることが重要なポイントとなります。
また、副業でのアフィリエイトがオススメな理由としては、「初期費用がほとんどかからない点」「リスクなく始めることが出来る点」です。

参考記事:0から副業でブログを始める方法

▲オススメポイント
■初期費用がほとんどかからない点
基本的にドメイン代とサーバー代を払えば始めることが出来るのがメリットです。
年間数万円程度の支出で始めることが出来ます。

■リスクなく始めることが出来る点
上記の通り、年間数万円程度の支出で始めることが出来るためほとんどリスクもありません。

クラウドソーシングサイトの活用

クラウドソージングサイトを活用した副業も有名です。
クラウドソージングは仕事を発注したい企業と仕事を獲得したい人をマッチングするサービスとなります。
データ入力やwebライティンングやweb制作などの案件を獲得することが可能です。
自分のスキルを活用して稼ぐことが出来ます。

▲人気のクラウドソーシングサイト
・クラウドワークス
クラウドワークスは日本最大規模のクラウドソーシングサイトとなります。

スキルシェアサービスの活用

ココナラなどのスキルシェアサービスを活用した副業も人気です。
自分のスキルをネット上で公開して、稼ぐことが出来ます。
特にココナラは、スキルを気軽に売り買い出来ます。
出品出来るジャンルは、イラスト作成・動画編集・起業相談・副業相談・占いなど多岐に渡っています。
まずは、副業の第一歩として活用しやすいです。

時間の切り売り型副業

時間の切り売りの副業となり、アクティブに自分の体力を生かして稼げる副業です。
サービス業のアルバイトやUber Eatsなどがイメージに近いです。
本業以外の自分自身の時間を使って、収入を得ることが出来ます。
時給で働くアルバイトになってしまい、時間の切り売りになる可能性が非常に高いので、注意しましょう。
しかし、確実に収入を得やすいというメリットはあります。
ただし、長く継続して稼ぐことは大変なので注意が必要です。

Uber Eatsの副業

Uber Eatsは、皆さんご存知だと思います。
飲食物を「宅配」する副業となります。
基本的に自転車やバイクを使って配達になるので、日ごろ運動不足解消にもなります。
ジムに通わなくても、身体を動かして稼ぐことが出来ます。
在宅ワークが増えて結果、Uber Eatsなどの配達需要は増加しています。
2021年ならではの副業と言えます。
Uber Eatsの場合は、スマホがあれば簡単に始めることが可能です。
配達パートナーに登録して、アプリインストール・配達バッグがあれば誰でも始めることが出来ます。

参考記事:ウーバーイーツ副業の始め方!実は結構稼げる?

後輩が一時期毎月20-30万くらい稼いでたな。今でもうまく稼いでますかね?

投資型副業

元手の資産を使って投資する副業です。
株式投資やFXなどの副業になります。
自己資産に余裕があれば、投資などの副業で副収入を得るのも良いかもしれません。
当然ながらリスクもあるので、本格的に投資を検討しようとしている人は必ず事前準備や勉強などを行なってから始めましょう。
もちろんいくら勉強をしてもリスクを0にすることは出来ません。

副業を選ぶポイント


次に副業を選ぶポイントについて調べていきましょう。

明確な目標を決めること

闇雲に副業を選んではいけません。
なぜ副業をしたいのか?
副業をして収入を増やしたい場合には、どれくらい稼ぎたいのか?まで考えておきましょう。
目的がはっきりしなければ、副業を継続することが難しいです。
やり続けることが副業で稼ぐために一番大事なことです。
多くの方は、副業で稼ぐ前に諦めてしまいます。

自分のスキルを活かすこと

副業を行う場合には、自分のスキルを活かすことが大事です。
自分の時間の切り売りの副業を行うのではなく、スキルを活かした副業を選びましょう。
そもそもクラウドソージングサイトを活用しようと思っても、自分のスキルがないと案件を獲得することも難しいです。
たとえば本業で営業スキルやデザインスキルがあれば、自分が得意な分野で案件を獲得出来る可能性が高いです。

まとめ

自分に合った副業の種類を見つけることが大事です。
副業の種類や形態を調べていくことがオススメとなります。
明確な目標を見つけて副業を始めてみましょう。

関連記事

  1. サラリーマンこそ今、休日に副業をすべき

  2. サラリーマンが副業でお小遣い稼ぎする方法とは?

  3. 実はインスタで副業が出来る?副業としての稼ぎ方。

  4. 副業でお金を稼ぐメリットや方法について調べてみた。

  5. 副業でも開業届は絶対出さないといけないの?

  6. サラリーマンが業務委託で副業を始めるメリット・デメリットとは?

  7. 公務員でも副業が出来る?公務員が出来る副業を調べてみた。

  8. webライティングって副業初心者でも簡単に出来るの?