会社にバレない副業の仕方!オススメの副業とは。

2018年の副業解禁元年から、副業を行う方も増えてきています。
しかし副業が解禁されていない会社もあると思います。
また副業をすると会社にバレてしまう可能性もあります。
今回は、バレない副業のオススメについて調べていきましょう。

そもそも副業って禁止されてるの?


副業は就業規則で禁止されています。
そもそも原則、会社は従業員の副業を禁止することが出来ません。
就業時間以外は、基本的には従業員の時間になります。
しかし副業が禁止される理由としては、本業に影響が出る恐れがあるからとされています。

副業がバレる理由とは?

それでは会社に副業がバレる理由はなんでしょうか?
同僚からバレる
住民税からバレる
副業のアルバイト先で働いてるところをバレる

の主に3パターンに分かれてきます。
特に副業がバレる理由のほとんどは住民税です。
住民税は、基本的に会社が給料から天引きされています。
そして基本は、住民税は本業分と副業分合わせて天引きされます。
そのため、本業の給料は本業の会社が把握しているので、会社の経理担当者や代表の方は副業をしていることがバレてしまいます。
ばれないためには、住民税を自分で納付する普通徴収に切り替えることが大事です。
確定申告の際に切り替えるようにしましょう。
しかし普通徴収として認められないケースもありますので、絶対にバレない訳ではありません。

バレない副業のオススメ


副業がバレない方法としては、在宅で出来るものがオススメです。
例えば、通常のアルバイトの場合だと見られてバレる可能性があります
インターネット環境さえ整っていれば問題ありません。

クラウドソーシングを活用した副業

クラウドソーシングとは仕事を発注した方と受注したい方をマッチングしてくれます。
特にクラウドワークスは日本最大級のクラドソーシングサイトとされています。

データ入力・文字起こしなどの簡単な仕事からホームページ作成など多くの仕事が掲載されています。
特にWebライティングの副業がオススメです。
webライティングの場合は、最初は文字単価が安いのが特徴ですが実績を積むことで文字単価をあげることが出来ます。
webライティングの場合は、サグーワークスというライティング専用のクラウドソーシングサイトもあります。

スキルシェアサービスの活用


自分の得意なことやスキルを販売することが出来るスキルシェアサービスがオススメです。
特にココナラやタイムチケットなどのサイトが有名です。
ココナラは500円から自分の得意なことを売ることが出来ます。
出品できるカテゴリは200以上もあります。
タイムチケットは自分の時間を30分から販売することが出来ます。

ブログの活用

ブログを活用した副業もオススメです。
在宅での副業になるので、バレにくくなっています。
また、ブログを活用した副業は収益化まで時間はかかるものの、稼げるようになれば安定的に稼げるようになります。

まとめ

基本的に副業をする場合には、会社の就業規則を確認しましょう。
仮に副業を禁止されている会社の場合には、副業をしていることがバレないようにしましょう。
特に副業の分の住民税の支払いでバレるケースがほとんどです。
どうしてもバレたくない場合には、細心の注意を払うようにしましょう。

関連記事

  1. スキルを生かして副業でストアカ講師になろう!

  2. お手軽に懸賞サイトで副業をしてはいかがでしょうか?

  3. 主婦にオススメ!安全で簡単な副業について調べてみた。

  4. ヒルナンデスで紹介された副業について調べてみた

  5. クラウドワークスで副業をしたい人が知っておくべきポイントとは

  6. 失業保険の受給中にアルバイトや副業はできるの?

  7. 0円起業!まずは副業から始めてみましょう。

  8. 儲かる副業・稼ぎやすい副業のポイントとは?