ココナラで副業の第一歩を踏み出そう!

サラリーマンなどの収入を増やすために、副業が注目されています。
特に自身のスキルや得意なことを活かせる副業としてココナラが注目されています。
今回は、ココナラで副業を始める方向けに調べていきましょう。

ココナラとは?


ココナラは、ワイコイン(500円)から自身のスキルを販売することが出来ます。
幅広い出品ジャンルが出品されています。
クラウドソーシングサイトとの大きな違いとしては、ココナラなどは自分で金額設定を出来る点です。
クラウドソーシングサイトは、企業などの案件を獲得することで報酬を得ることが出来ます。
ココナラでは、基本的には、自分の出品しているスキルを選んで買ってもらう流れになります。
似顔絵・イラスト制作・占い・キャリア・就職・起業副業相談などが人気のカテゴリとなっています。
2019年4月時点で、ココナラはユーザー数100万人・取引件数300万件突破したとされています。
販売可能なスキル・経験のジャンルが幅広いのが特徴です。
副業初心者でも気軽に始めることが可能となります。
また、運営会社も実績多数なので信用があります。

本業等での自分のスキルを生かしやすいのが特徴です。

ココナラのサービス特徴一覧


ココナラのサービスの特徴について調べてみましょう。

自分自身で金額を設定できる
評価システムが充実している
ランク制度が存在している

自分自身で金額を設定できる

ココナラ販売者は自由に金額設定が出来ます。
カテゴリごとに最低金額が設定されています。
もちろん最初は実績もない状態で高い金額を設定しても、購入者は少ないと思います。
出品しようと思うジャンルの商品の金額を参考にすると良いでしょう。
始めたては実績を増やすことが大事なので、最低価格での出品が望ましいです。

評価システムが充実している

サービスの出品者に購入者が5段階評価を付けることが出来ます。
総合評価・コミュニケーションの評価・サービス説明の評価の三種類の評価を付けることが可能となります。

ランク制度が存在している

ランク制度によってうまく実績を積むことが出来れば、人気の出品者になることが出来ます。

ランクなし
レギュラー
ブロンズ
シルバー
ゴールド
プラチナ

上記のランクづけになります。
販売実績・納品完了率・購入者からの評価などによってランクが上がってきます。
毎月1日の時点で基準を満たしていれば、ランクアップします。

ココナラを利用するメリット

登録が無料

ココナラを利用するためには、登録料などは一切ありません。
自分のスキルを登録して、簡単に副業を始めることが出来ます。
登録料などの初期費用がかからないので、仮に売れなかったとしても、リスクはほとんどありません。
万が一出品して、成果が出なくても今後の副業の参考になります。

在宅で出来る副業であること

もちろん何をしたいかによりますが、ココナラでの副業は、基本的にパソコンがあれば出来ます。
自分のやりたいことに合わせて副業に挑戦出来るのが特徴です。
ちょっとした隙間時間で稼げる可能性があるのが魅力です。

集客はココナラが行う

ココナラに限らずですが、プラットフォームに登録すれば、基本的に集客はプラットフォームがやってくれます。
本来は営業をして、自身でお客さんを獲得しなくてはいけないところ、代行をしてくれています。
スキルを出品するだけでココナラユーザーがアクセスしてくれます。

媒体が集客してくれるのは非常にありがたいですね。

さまざまなスキルを販売できる

ココナラに掲載出来るスキルは多岐に渡っています。
似顔絵・イラスト・Webサイト制作・占い・Webマーケティング・起業相談など多くのスキルを販売することが出来ます。
自分のスキルを棚卸しをして、ココナラで収入に変えていきましょう。
とはいえ、誰でも出来るようなスキルでは、購入されることは難しいです。
何かしらの領域で「専門性」を持つことが大事です。
ココナラのTOPページで表示される「おすすめ出品者」は、専門的な知識・スキルを持っている方がほとんどです。

決済はココナラが行なってくれる


商品の決済が大変なことが殆どですが、決済は全てココナラ側で行なってくれます。
また、サービスを完了してもお金が支払いが行われないリスクもありません。

料金回収出来ないリスクがないのは魅力です。

ココナラのデメリット

簡単に依頼は来ない

ココナラに登録したところで、簡単に依頼は来ません。
前述の通り、最初は金額を下げたりする必要があります。
実績を積まない限り、案件を獲得することが難しいです。
もしかしたら始めは知り合いから仕事をとって行くことも考えておくべき必要があるかもしれません。

手数料が発生する

案件に対して手数料が販売価格の10〜25%程度発生します。システム手数料として引かれてしまいます。
もちろんこの手数料は、集客代行の費用と考えれば安いかもしれません。

ココナラで稼ぐためのポイント

使ってもらいやすい金額を設定する

登録当初は、もちろん販売実績がないため、評価がゼロです。
基本的に評価がない出品はなかな売れづらいです。
まずは1件買ってもらうことを考えていきましょう。
使ってもらいやすい金額を設定して、買ってもらいましょう。
競合よりも安く買えるとすれば、購入される可能性があります。
サービスとして、そもそも安い方が契約率は高くなります。

実績を積む

ココナラで稼ぐには買ってもらう人を増やして、評価数を増やすのが大事です。
購入者は評価数を重視して、購入するケースがほとんどです。
そのため評価数を増やすことで、商品が購入されます。
購入者から良い評価をしてくれることで、好循環にしていくことが出来ます。
地道に実績を積んでいく、実績が付いてから金額を上げていけばよいでしょう。

自分のスキルを磨くこと

スキルを買ってもらうためには、他者が真似出来ないようなことやスキルを身に付ける必要があります。
スキルに関しても、自分では簡単に出来ることでも知らないにとっては、十分なスキルになることもあります。
また、ココナラで何度もスキルを販売することで、評価されたり、スキルアップすることも出来ます。
スキルを磨くことで、独立や転職に繋がることもあります。

ココナラを利用するのに最適な人とは?

ココナラは副業で稼ぐことは出来ますが、爆発的に稼ぐには向いていません。

好きなことやスキルを使って、お小遣いを稼ぎたい人
隙間時間を使って、稼ぎたい人

上記のような方がオススメです。
ココナラは基本出来るジャンルが多いので、始めやすいのが特徴です。

ココナラで副業を始めてみよう!


早速ココナラに登録してみましょう。
登録自体は、5分くらいで完了します。
FBなど他サービスとの連携機能も付いているので使ってみるとよいでしょう。

登録にはプロフィールと出品サービスが必要になります。
プロフィールでは、得意なことや今までのキャリアなどを記入しましょう。
自分が得意なこと・スキルを具体的に記入していきましょう。
次に出品サービスを決めましょう。
前述の通り、金額が高すぎても依頼が来ないので、金額などは調整をしましょう。
競合になりうるサービスがどんな内容なのか?どんなタイトルや内容なのかはしっかりと調査しておきましょう。

ココナラ登録時に必要な項目とは?

出品サービス・サービスタイトル・サービスのキャッチコピー・サービス内容を入力しましょう。
サービスタイトルやサービスのキャッチコピーなどで購入されるかが決まってきます。

試しに登録してみました


(2020年9月19日更新)
特に何もしてなかったんですが、イイネ12個ついたあとに、初の案件を受注しました。

お役に立てたらいいなと思います。
また、変化あったら記載していこうと思います。

(2021年2月23日更新)
最近まったくイイネなども増えてないです。
もう少し本腰いれてやりたいと思うのですが、なかなか出来てないので反省ですね。

ココナラでオススメのカテゴリ

相談系

コンサルティングに近い形の相談系は人気があります。
起業相談・占い・副業相談などがオススメです。

WEBデザイン

WEBデザインは、需要が高い仕事です。
外注先として、ココナラを使うケースが多いです。
安く外注先を探したい会社や個人などが利用しています。

ココナラで副業を行う際に気をつけるべきこと

副業が出来るか会社に確認すること
確定申告には気をつけること

副業が出来るか会社に確認すること

副業は本来労働基準法等で禁止されている訳ではありません。
会社が独自に就業規則を作成して、禁止をしています。
企業側としては、本業に悪影響が出ないようにするという名目で副業禁止としていることが多いです。
必ず就業規則を確認しておきましょう。
無断で副業を行なった場合には、罰則が設けられていることもあります。

今は副業を認めている会社も増えてきていますが、ちゃんと会社には確認しておきましょう。

確定申告には気をつけること

副業で20万円以上の所得がある場合には、確定申告が必要になります。
所得なので、売上ではありません。
売上から経費を引くことで、所得となります。

参考記事:副業の確定申告のやり方について調べてみた。

まとめ

今回はココナラを使った副業について調べてみました。
ココナラを活用すればやり方によっては稼ぐことが出来ます。
まずは自分が得意なスキルを見つけて登録してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. パソコンを使ったオススメの副業とは?自分のスキルや得意なことを生かそう…

  2. 副業を法人化するメリット・デメリットとは?

  3. 忙しくて時間がないサラリーマンにオススメの副業について調べてみた。

  4. コロナに負けるな!今こそやるべき副業とは?

  5. ヒルナンデスで紹介された副業について調べてみた

  6. 業務委託で副業を行うのって実際どうなの?

  7. サラリーマンこそ今、休日に副業をすべき

  8. 未経験でもHTML・CSSで稼げる?コーディングについて調べてみた