クラウドワークスで副業をしたい人が知っておくべきポイントとは

副業をしたい人が増えてきている中で、今回はクラウドソーシングサイトでの副業について調べていきましょう。
その中でもランサーズやクラウドワークスの2つは非常に有名なクラウドソーシングサイトとなっています。
今回は特にクラウドワークスで副業をしたいと考えている方向けに調べていきます。

そもそもクラウドワークスとは




そもそもクラウドワークスとは、クラウドソーシングサービスとなっています。
ネットを経由して仕事を発注したい人と仕事をしたい人をマッチングするサイトとなります。
クラウドワークスの仕事は専門の方向けの案件と初心者で受注しやすい案件の2つに分かれています。
専門の方向けについてはシステム開発やホームページ製作・ロゴ制作など専門スキルが必要なケースがあります。
初心者で受注しやすい案件に関しては、アンケート記入・記事ライティング・データ入力など比較的簡単なものになります。

クラウドワークスのメリット


・副業経験者でも始めやすい
クラウドワークスは、副業初心者でも始めやすくなっています。
案件自体が、データ入力など簡単なものから幅広く掲載されています。
自分の希望やスキルに合った案件が獲得できます。

・実績次第ではスカウトの依頼も?
実績があれば好条件の仕事をスカウト経由で応募可能です。

クラウドワークスのデメリット

・単価がそこまで高くはない
1件の単価がそこまで高くはありません。
もちろん実績を積むことで単価をあげることが出来ますが、より専門的な知識などを身に付ける必要があります。
特に簡単な仕事が多いので、他の受注者との差をつけることが難しくなっています。

・良い案件が探しにくい
クラウドワークスは、案件が多すぎる分良い案件を探すことが難しいです。
同じような企業が同じような案件を掲載していることがあります。

案件数が多くなり、良い案件を探すのがちょっと面倒です。

クラウドワークスにオススメの方


クラウドワークスで副業をするのにオススメの方は下記です。

・時間があまりないサラリーマン・主婦の方です。

クラウドワークスの魅力はいつでもどこでも始めやすい点です。
隙間時間を活用して案件を獲得することが出来ます。
活用して何かやってみたい方という人にオススメです。
副業初心者は特にクラウドワークスを利用してみると良いでしょう。

クラウドワークスで副業を始める前に

副業禁止か確認しましょう

まずはクラウドワークスで副業を始める前に確認すべきことがあります。
本業の会社が副業禁止になっていないかという点です。
通常副業を禁止している場合には、会社の就業規則に記載があります。
就業規則は常時10人以上の労働者がいる会社は必ず作成しています。
また作成した場合には、従業員が閲覧できるようにしておかなくてはいけません。
総務・人事もしくは上司に確認してみるとよいでしょう。

確定申告が必要か確認しましょう

副業の事業所得が年間20万円を超えると、確定申告をする必要があります。
収入ではなく、所得となります。
所得は売上から経費を引いたものです。
収入が30万で、経費が20万の場合には、確定申告は不要です。

クラウドワークスでの案件獲得方法

クラウドワークスでの案件獲得方法について調べていきましょう。
クラウドワークス
にまずは登録してみましょう。

登録したら、仕事を探すボタンから簡単に仕事を検索することが出来ます。

クラウドワークス自体が、有名なので、案件・実績が豊富なところが特徴となっています。
前述の通り、自分のスキルなどに合った仕事を探ることが可能です。
特に初心者向けの案件に関しては、PCやスマホがあればできることがほとんどです。
家事の合間や平日の空いた時間や休日に対応できるような仕事も多いです。

クラウドワークスでどれくらい稼げるの?


それではクラウドワークスでは1ヶ月でどれほどの収入を得ることができるのでしょうか。
土日など効率よく使うことが出来れば、月10万円以上の収入を獲得することも可能です。
もちろんスキルなども必要なケースもありますので、個人差はあります。
当たり前ですが、案件を獲得した際にはクラウドワークスに手数料を支払う必要があります。
(5%-20%の範囲内で発生します。)

クラウドワークスでおすすめの案件は?


副業でクラウドワークスを使って案件を獲得するには、どんな仕事がオススメなのでしょうか?
初心者にオススメの案件をいくつか調べていきましょう。

ライティング

クラウドワークスの「ライティング」カテゴリには、1000件以上の案件が登録されています。
特にwebメディアに掲載する案件が多くなっています。
ライティングがオススメな理由としては、スキルや経験不問で案件を獲得しやすいからです。
基本的には、自分の知識やネット上で調べたものを記事にしていくことになります。
しかし最初は案件の単価が安く設定されがちなので、単価をあげて行く必要があります。
基本的に文字単価◯円という形で、案件を獲得していくことになります。
実績をあげていくことで、文字単価が上がってきます。

データ入力

データ入力とは、言葉の通り、Excelやスプレットシートに情報をまとめる仕事です。
こちらもオススメの理由としては、初心者でも案件を獲得しやすいという点です。
デメリットとしては、誰でも出来るため単価が低いという点になります。
データを転記するだけなので誰でも簡単にできますが単価は低いです。

アンケート

アンケートは、単純にアンケートに答えるものになります。
こちらも初心者が案件を獲得しやすく、PCやスマホがあれば簡単にできます。
データ入力と同様に単価が安いのが特徴になります。

webデザイン

webデザインのスキルがあれば、webデザインの案件を獲得しやすいです。
クラウドワークスには、多くのwebデザインの案件が掲載されています。
web制作の需要は多くあります。

クラウドワークスを使ってより稼ぐには


前述のような単純な作業のものでは、より稼いでいくことは難しいのが現状です。
しかし専門的なスキルを身につけていくことで、より稼ぐことも可能になります。
webライターなら、SEOを勉強することで単価も上がる可能性があります。
単純に記事が書けるだけの人よりも、SEOライティングが出来る人の方が仕事を発注されやすくなります。
またプログラミングやデザインを勉強して、専門の仕事を獲得することも出来ます。
案件をこなしていき、よりスキル向上と収入アップを実現していきましょう。

まとめ

クラウドワークスは案件掲載も多く、副業初心者にはオススメとなっています。
また、今後正社員1本で食べることが難しい時代が来るかもしれません。
まず第一歩として、自分の空いている時間を使って副業を始めてみるのも選択肢かもしれません。

関連記事

  1. サラリーマンの副業のやり方・始めた方について調べてみた。

  2. 副業の始め方・やり方について調べてみました。

  3. 副業が会社にバレるパターンとは?

  4. 副業で収入を得ている場合に気をつけるポイントとは?

  5. サラリーマンがやるべき在宅副業とは?

  6. 趣味や得意な事で稼げる時代!オススメの副業について調べてみた。

  7. クラウドソーシングで稼ぐメリット・デメリットとは?

  8. サラリーマンが月5万円の副業を稼ぐには?