副業って平均年収どれくらいなの?

副業に関してどれくらいの人がしているのでしょうか?
実際はどうなのでしょう?
副業をやっている人は平均年収はどれくらいなのでしょうか?
今回は副業をされている人がどれくらい稼いでいるのか調べていきましょう。

副業の平均年収はどれくらい?


パーソル総合研究所で行われた研究結果によると、最も多い層は「5万~9万円台」で約24%となっています。
また、次に多い層は1万円台となっています。
1カ月の平均収入は約6.8万円とされています。
そもそも同調査では、「正社員で現在副業している人」は約10%とされています。

副業でそう簡単に稼げない


副業の平均月収が約6.8万円とされていましたが、あくまで平均でもあります。
さらに副業での経験年数は反映されていません。
副業を開始して、多くの方はすぐに稼ぐことは出来ません。
(アルバイトやパートなどの場合は、異なります。)
特にブログでのアフィリエイトなどは収益になるまでに半年から1年かかってきます。
ちなみにアフィリエイターのおよそ8割程度が月収5000円以下とされています。
前述の通り、アルバイトやパートのような形の方が、副業での収入が安定しやすいです。

副業に充てる平均時間は約10時間


また、パーソルの調査では1週間あたりの副業に充てる平均時間は、約10時間程度とされています。
総労働時間は、54.81時間という結果でした。
本業と併せて総労働時間が70時間を超える層もいます。
1日換算で14時間となり、労働時間が長くオーバーワークとなってしまいます。
過重労働は問題とされることがあります。
本業に支障を来たすケースも多いので注意が必要です。

月収別に副業について調べてみました


月収別に注意点等を調べていきます。

月1万円未満

月1万円未満が、副業を始めたての状態だと思います。
まずは継続して売り上げを上げれるようにしていきましょう。
なかなか成果が出るまでに時間がかかり、軌道に乗る前に副業を辞めてしまう人も多いです。

月3万円未満

月3万円近くまで稼げるようになれば、副業の収入が安定しつつあります。
毎月3万円ずつの副業収入があれば、年間で36万円になります。
事業所得を20万を超える可能性が高いので、確定申告が必要になります。

月10万円未満

副業で月10万円を稼いでいる場合は、副業で稼いでいる部類になります。
月10万円なので、年間120万円の副業収入となります。
確定申告はもちろん、開業届も検討が必要になります。
開業届を出すことで、青色申告特別控除(65万円分)を受けることが出来ます。

副業での注意が必要な収入とは?


副業で注意が必要なのは、特に事業所得が20万円を超えるタイミングです。
平均月収で言えば、1万5000円-6000円程度になります。
事業所得が20万円を超える場合には、前述の通り確定申告が必要になってきます。
事業所得は単純に売り上げという訳ではなく、収入から経費を引いたものが所得になります。
経費に含められるものと含められないものがあるので注意が必要です。

参考記事:副業の確定申告のやり方について調べてみた。

収入を上げるためにアップは副業が一番


本業で収入アップを図るには、資格を取得して、転職によって収入を上げることが可能かもしれません。
しかし大抵の場合は、資格取得まで時間がかかります。
また転職に関しても、希望の条件で転職出来るとも限りません。
しかし待っていたところで、今いる会社で給料が上がる訳ではありません。
だからこそ副業で収入を上げていく必要があります。
平日の空いた時間や土日を使って収入を上げていきましょう。

関連記事

  1. 在宅で出来る副業ランキング!厳選6選

  2. 副業が会社にバレるパターンとは?

  3. ブログを使った副業!アメブロとワードプレスどっちがいいの?

  4. まずは週一からでも副業を始めてみよう!

  5. サラリーマンにオススメの副業について調べてみました。

  6. 副業初心者にアフィリエイトがオススメな理由

  7. 副業マッチングサービスで自分の得意なことを仕事にしよう!

  8. 初期費用無料で初心者でも出来る副業を始めてみましょう。