副業のメリット・デメリットとは?今こそ副業を始めるべき。

働き方改革により副業解禁が進められています。
それでは副業解禁によって、サラリーマンや従業員はどんなメリットがあるのでしょうか?
副業解禁のメリットについて詳しく見ていきましょう。

そもそも副業とは?


正社員が収入を得るために行う本業以外の事を副業と呼びます。
2018年以前は、モデル就業規則内で副業が禁止されていました。
しかし働き方改革などにより、モデル就業規則も変化して、副業を原則禁止から原則自由に変わってきました。

なぜ副業なのか?


少子高齢化による労働人口の減少などの人手不足として社会的な課題として、注目されてきているからです。
労働人口の減少していくなかで、今後はますます働く方が減ってきます。
そういった中で副業を解禁すれば、副業を行う人が増えれば増えるだけ人手が増えると言えます。
サラリーマンも副業・兼業を希望している者の割合は徐々に増えてきています。
副業で仕事を獲得しやすくなるクラウドソーシングサイトなども多く登場しています。
副業へのハードルが低くなっているのも、特徴の一つです。

サラリーマンにとって副業のメリットとは?


サラリーマンにとって副業のメリットは下記になります。

・収入が増える
・スキルアップにつながる可能性がある
・副業ではやりたいことに挑戦出来る
・人脈を広げられる

収入が増える

一番大きいメリットは、収入が増えることです。
仮に月3万円でも今より収入を増やすことが出来れば、色々なものにお金を使うことが出来ます。
自分の趣味に使う事も出来ますし、お子さんがいる場合には養育費などに回す事も可能です。

スキルアップにつながる可能性がある

副業を行う事で、スキルアップにつながる可能性があります。
仮に自分な得意なことやスキルを活かして副業を行う事で、さらに本業のスキルを伸ばすことが出来ます。
営業が得意な方は、ますます営業スキルを上げることが可能になります。

副業ではやりたいことに挑戦出来る

本業の収入があるため、副業では好きなことややりたいことに挑戦出来ます。
最悪成果が出来なくても、副業なのでやりようなたくさんあります。

人脈を広げられる

副業で活動する上で、人脈を広げるチャンスが広がります。
本業に関係する部分での人脈かもしれませんし、まったく新しい人脈を作れる可能性があります。

サラリーマンにとって副業のデメリットとは?

・時間管理が難しい
・税金関連の手続きが必要になる

時間管理が難しい

時間管理が難しいのが一番デメリットです。
本業と副業の時間を合算することで、労働時間が長くなります。
場合によっては、本業に悪影響を与える可能性があります。
あくまで本業あっての副業なので、気をつけましょう。

税金関連の手続きが必要になる

サラリーマンで働いている場合には、基本的には会社がすべて税金関連の手続きは行ってくれます。
特に年末調整や住民税の支払いなどです。
しかし副業を行った際に、売り上げが出た際には確定申告が必要なこともあります。
事業所得として、20万円以上年間で売り上げがある場合には、確定申告をしなくてはいけません。
素人で出来なくもないですが、もし難しそうであれば税理士などに依頼する事をオススメします。
仮に売り上げが上がっているのであれば、確定申告をしない場合には罰則が課されることもあります。
注意が必要です。

まとめ

今回は、サラリーマンが副業をする際のメリットとデメリットについて調べてみました。
副業を始めるメリット・デメリットについて自分でしっかりと考えて副業を始めましょう。
副業は新しい働き方をするチャンスとなります。
会社にいながら自分がやりたいことで、副収入を得ることが出来ます。

関連記事

  1. まずはサラリーマンは副業で月1万円を目指すべき。

  2. 男性におすすめの副業ランキングについて調べてみた

  3. ココナラで副業の第一歩を踏み出そう!

  4. 有給休暇中に副業やアルバイトをするときの注意点

  5. 今の時代こそ週末副業を始めるべき

  6. 副業初心者でも出来る?クリエイティブな副業について調べてみた。

  7. 地味に稼げる副業について調べてみた。

  8. まずは週一からでも副業を始めてみよう!