新しい働き方!リモートワークで副業で始めてみましょう。

ヤフーが2020年7月15日、リモートワークの回数制限廃止と、フレックスタイム勤務のコアタイムを廃止することが発表されました。
また、副業先の受け入れも開始することも合わせて発表されています。
今後もヤフーのようなリモートワークを全面解禁する企業も多く出てくるのではないでしょうか?
また、今後もリモートワークの副業も増えてくる可能性があります。
今回は、リモートワークの副業について調べてみましょう。

そもそもリモートワークとは?


リモートワークとは、会社に出社せずにいつでもどこでも行う働き方です。
ITなどの発展により、会社に出社せずに仕事が出来ます。
リモートワーク最大のメリットは、在宅で出来る点です。
特に2020年現在では、新型コロナウイルス感染拡大により出勤をしなくても良い点は大きなメリットです。
ベンチャー企業などは特にリモートワークが認められているケースが多いです。

リモートワークの副業を見つける方法とは?


リモートワークの副業を見つける方法について調べてみましょう。

案件掲載サイトから獲得する
知り合いから紹介してもらう
自分で営業する
交渉してリモートワークにする

案件掲載サイトから獲得する

リモートワークの副業案件が掲載されているサイトも多くあります。
クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトから各業種に特化したサイトもあります。
サグーワークス(ライティング専門のクラウドソーシングサイト)クラウドテック(エンジニアのリモートワーク)などがあります。

知り合いから紹介してもらう

わかりやすく案件を獲得しやすいのが知り合いからの紹介です。
しかし、知り合いからの紹介だと条件面などをちゃんと詰めないで動いてしまうこともあるので気をつけましょう。
また金額も安くなってしまうケースもあります。

自分で案件を獲得する

SNSや自分でブログを立ちあげて案件を獲得することも可能です。
特にYentaなどはビジネス系のマッチングアプリなので、オススメです。
有名なところでいってもTwitterなどからも案件は獲得しやすいです。
また、ブログを開設する場合は、ワードプレスを使うのがおすすめです。
簡単にサイトを立ち上げることが出来ます。

企業が副業のリモートワークを活用する理由


企業としては副業のリモートワークを活用する理由は、

低コストで発注できる
優秀な人材にお願いできる

上記の2点が企業側のメリットになります。
企業が人を採用する場合には、様々なコストになります。
特に大きいものとしては、毎月の保険料です。
人を採用することで、コストがかかりますし、働き方が悪いからすぐに首にすることも出来ません。
そういった点で、外注としてリモートワーカーに仕事をお願いする方がコストが安くなります。
また、優秀な人材に仕事を発注できることも大きなメリットです。

リモートワークの副業にオススメな仕事


リモートワークできる副業でオススメなのは、webライターです。
副業初心者でも始めやすいのがオススメです。
また、webデザイナーやエンジニアなどの職種もリモートワークにぴったりです。
webライターの場合には、1文字◯円という形に成果報酬で仕事を獲得することになります。
webデザイナーやエンジニアなども同様に1サイト作成で◯円のような形になります。

まとめ

今回はリモートワークで出来る副業を調べてみました。
働き方改革や昨今のコロナウイルスの影響で、リモートワークの仕事も増えてきています。
是非リモートワークの副業を始めてみましょう。

関連記事

  1. 塾講師を副業で!学習塾のメリット・デメリットまとめ

  2. 副業で人気占い師になれる?占いを副業にするには

  3. サラリーマンにオススメの副業アルバイトとは?

  4. 実際ポイントサイトの副業で稼げるの?

  5. 副業マッチングサービスで自分の得意なことを仕事にしよう!

  6. 副業する場合って保険ってどうなるの?副業先でも保険に入れる?

  7. 副業から本業へ!まずは副業から始めるメリットとは?

  8. マイナンバーで副業がバレる?マイナンバーの基礎とは。