在宅での副業にオススメ!代筆の魅力とは?

2018年に副業解禁がされて、少しづつ副業をする人が増えてきています。
今回は、代筆の副業について調べてみましょう。
特にインターネットやITの普及により、webライター・ライターという仕事が増えてきました。
そういった文章を書く人が得意な方や好きな人には、代筆の副業がオススメです。

そもそも代筆とは?

一般に代筆というのは自分以外の人の手紙や文章を書くお仕事です。
冠婚葬祭の時などに、実際に何を書けばいいかわからないというケースなどで仕事になります。
もしくは年賀状の代筆なども注目されています。
年賀状の手書き代筆サービスとして、宛名書きや裏面などに一言メッセージの代筆など一括して出来る業者などもあります。
代筆は、実は副業として注目されています。
そして代筆は、昔から筆耕と呼ばれています。
招待状や宛名書きや手紙文など様々な範囲の代筆があります。
近年では、読書感想文やエントリーシートなどの代筆することもあります。
デンシンワークス代表小林慎太郎さんという方がラブレター代筆の会社を行っています。
ちなみに2019/3/7放送された「アウト×デラックス」などにも出演しています。

綺麗な文字で書いてほしいから代筆をお願いする
単純に文章を写してほしいから代筆をお願いする
文才がないので、文章を用意してもらった上で代筆をお願いする
ラブレター・読書感想文・エントリーシートなどの代筆をお願いする

様々な需要から代筆をお願いするケースがあります。

企業で言えば、年賀状代筆とかは需要ありそうですよねww

代筆の仕事を獲得するには?


代筆をするには筆耕の専門会社に登録して仕事をもらう事が一つの方法です。
また、クラウドソーシングサイトなどに登録することも選択肢の一つです。
いずれにせよ、インターネット上に案件が公開されているので検索してみましょう。
特にクラウドソーシングサイトでは、ココナラを利用する場合がオススメです。
手書き文書からパソコンでの文書までさまざまなジャンルの代筆が掲載されています。

代筆の副業をする際の注意点

自分の書く文字で問題ないのか?
仮にて手紙や招待状を書き損じた場合は、手紙や招待状のコストはどうなるのか?
手紙や招待状などを受け取る方法やその場合の送料などはどうなるのか?

当たり前ですが、代筆をする方が字が汚いと難しいです。
最低限、綺麗に見える事が大事です。
また、仮にて手紙や招待状を書き損じた場合には、しっかりと取り決めをしておきましょう。
さらに、手紙や招待状などを受け取るのか?そもそも自分で準備するのか?
自分で準備するのであれば、コストはどうなるのか?
クライアントとは、擦り合わせを確実にしておきましょう。

代筆でどれくらい稼げるの?


基本的に安いのが特徴です。
手紙などの宛名が数十円程度となります。
1件当たりの単価が低いため、数をこなさなくてはいけません。
しかし実績を積んでいくことで、1件の単価も上がってきます。
人によりますが月に数万円の仕事を獲得することも可能です。
そして、月にどれだけ稼げるかは、量はもちろん継続した依頼があるかどうかに関わります。
ただし代筆求人では、数が大量にあるわけではありません。
ずっと行える副業とは言えないかもしれません。

リピーターなどを獲得することが出来れば、安定的に稼げるのかもしれませんね。

まとめ


クライアントの代わりに文字を書くお仕事が、代筆です。
在宅で出来る仕事なので、育児で時間がない主婦や隙間時間で出来るサラリーマンなどにオススメです。
特に特別なスキルや資格は不要です。
文字を書くのが好きな方や綺麗な字を書ける方などは始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 商品モニターは副業として実際にどうなの?

  2. サラリーマンが副業で月1万稼ぐより大事な副業の鉄則とは?

  3. 目指せ副業ライター!サラリーマンこそWEBライティングをすべき理由とは…

  4. お手軽に懸賞サイトで副業をしてはいかがでしょうか?

  5. 副業初心者にアフィリエイトがオススメな理由

  6. 育休中に副業しても問題ないの?

  7. 自分に合った副業探し!簡単に始めることが出来るオススメ副業

  8. 有給休暇中に副業やアルバイトをするときの注意点