2020年以降の副業について調べてみた。 

2018年は副業元年と言われており、副業が少しづつ解禁されてきています。
今後、副業を始めようとする人も多いと思います。
また、2020年にはコロナウイルスにより、労働環境も大きく変化しています。
2020年以降の副業について調べてみましょう。

副業をする4つのメリット


そもそもサラリーマンが副業をするメリットについて考えていきましょう。

スキルアップをすることが出来る
収入を増やすことが出来る
転職や独立に向けて準備出来る

副業を選ぶ際には、本業のスキルアップをすることが出来る副業がおすすめです。
副業でスキルアップして、それを本業に活かすことも出来ます。
また、副業をすることで収入を増やすことが出来ます。
そして転職や独立に向けて準備も可能です。
たとえば、アフィリエイトを行い成果を出して、webマーケティングの会社に転職することも出来ます。

副業で稼ぐポイントは?


副業で稼ぐポイントについて調べてみましょう。

継続をすること

副業で月に何十万円も稼ぐ人もいます。
しかしながらその反面でまったく稼げなくて副業を諦めてしまう方も多くいます。
副業は成果が出るまで時間がかかるケースがあります。
また、大きな目標をたてすぎると挫折してしまうこともあるので、小さな目標をいくつも設定して継続できるようにしましょう。

好きなことやスキルを活かすこと

副業は好きなことやスキルを活かすことが大事です。
好きなことやスキルを活かさないと、継続することが出来ません。
嫌いなことや得意でないことだと、投げ出してしまうこともあります。
副業はすぐに成果が出ないこともあります。

時間管理に気をつけること

副業に時間を取られすぎてしまうことがあります。
睡眠を削って、副業に投資してしまう人がいます。
副業をやり過ぎて、本業に悪影響を及ぼすこともあります。
あくまで本業があっての副業なので、注意が必要です。

2020年版おすすめの副業とは?


2020年のオススメの副業について調べてみました。
オススメの副業としては、スキルを活かしたスキル型がオススメです。
自分の時間を切り売りする単純なアルバイトなどはオススメしません。

クラウドソーシング

クラウドソーシングを活用した副業がオススメです。
クラウドソーシングサイトは、多くの会社や個人が仕事を発注するために案件を登録しています。
そして、クラウドソーシングサイトは無料で登録することが出来、案件も獲得しやすいです。
支払いなどもクラウドソーシングサイト上で完了するので、楽です。
しかし案件も獲得しやすいですが、ライバルも多く存在します。
全体的に単価も安くなります。

アフィリエイト

アフィリエイトは副業初心者でも始めやすくなっています。
自分のブログを作成して、そのブログにユーザーが訪問することで稼ぐことが出来ます。
訪れたユーザーが広告をクリックすることや商品・サービスを獲得することで報酬を稼げます。
ただし、収益化まで時間がかかるため、地道に続けていくことが大事です。

webライター

webライターとしての副業がオススメです。
ライティングが出来る方が社会の需要としてあります。
多くのwebメディアが登場しているので、その分ライターとしての仕事が募集されています。
そういった状況があるため、webライターの需要も多く存在しています。
しかし初心者でも始めやすい反面、始めは稼ぎづらいとされています。
文字単価は、基本1文字0.5円-1円程度とされています。
SEOやライティングについて学んだり、実績を増やすことで単価を上げることが出来ます。

ホームページ制作

ホームページ制作も需要がある分野となっています。
今では多くの企業や個人の方がホームページを持つ時代となっています。
そういった状況などでホームページ制作の案件も多く存在します。

まとめ


2018年の副業解禁元年より、少しづつ副業を行う環境が整備されてきています。
また、2020年のコロナウイルスの影響により、ますます副業の需要が増加しています。
今後は副業したいサラリーマンが増えてきます。
しかし簡単に稼ぐことが出来ないのも副業です。
地道に努力して、副業でも稼げるようにしていきましょう。

関連記事

  1. 在宅で出来る副業ランキング!厳選6選

  2. 業務委託で副業を行うのって実際どうなの?

  3. 代理店ビジネスで副業を始めてみよう!

  4. 実は20代こそ副業を行うべき理由とは?

  5. 副業でも自宅の家賃は経費に認められるの?

  6. ナレーションは副業でもできる?仕事の見つけ方について調べてみた。

  7. 週1からでも出来る?Webマーケティングでの副業について調べてみた。

  8. 副業で何か始めればいいの?隙間時間をうまく活用しましょう。